経済実験室

経済実験室とは

経済実験センター全体図

関西大学経済実験室は本機構を母体とする文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の採択を受けて、2014年6月に設置されました。本実験室では経済学の理論的成果が社会人・高齢者の経済行動を説明できるかどうかを検討してまいります。とりわけ、近年経済学の検証手段として有効性が確認されている、アンケート調査と経済実験に基づいて調査を進めます。経済実験といいますと学術的で難しいもののように聞こえますが、そのようなものではありません。簡単なゲームに参加していただく中で参加者の行動を収集し、収集したデータからさまざまな意味を見出す研究手法で、2002年には経済実験の専門家がノーベル経済学賞を受賞するなど確立された分野です。これまでは実験やアンケートの参加者は学生であることがほとんどでしたが、本実験室では高齢社会の日本において経済活動の重要な担い手である社会人・高齢者の経済活動データを収集・分析し、政策提言につなげたいと考えております。

一般の方には経済実験にぜひとも参加いただければ幸いです。ご興味をもたれた方は 「実験参加希望の皆様へ」をご覧ください。

また、本実験室は学外の研究者の方も経済実験の実施環境を提供いたしております。学生の参加登録者は1000人を超えておりますので、各種実験の実施が可能であろうかとおもいます。ご興味をもたれた方は「実験実施を希望する研究者の皆様へ」をご覧ください。詳しい情報にアクセスできます。