機構長挨拶
  • HOME
  • 機構長挨拶

機構長挨拶

関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構長 本西 泰三
関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構は、経済学・経営学・会計学などの社会科学、統計学・数学などの基礎科学、計算機科学などを専門とする多様な研究者をその構成員とし、学際的かつ実証的な政策研究を行っています。その活動は、 @学内外の研究者による共同研究の推進、Aデータアーカイブの構築と公開、および実験施設の共同利用、B研究者コミュニティからの要望を取り入れた社会調査の実施、C英文査読誌などを通じた研究成果の発信、D若手研究者の育成の5つを柱としています。
また、機構においては、研究員、研究ユニット、研究課題、データ利用の公募を学内外に向けて行っており、多様な研究領域が交わる結節点としてさらなる共同研究の推進を図ります。
文部科学省は、研究分野や研究者コミュニティの統合、深化によって我が国全体の学術研究の発展を図ることを目的として、「共同利用・共同研究拠点」制度を設けています。 本機構は、2008年に文部科学省より「共同利用・共同研究拠点」(期間5年)の認定を受けて事業を行い、その間の研究成果が評価されたことにより、2013年4月に期間6年の再認定を受け研究活動を実施しています。 本機構は、多様な研究者による総合的政策研究を推進し、異分野融合による新たな学問領域の創出を通じて、我が国の学術研究の発展に寄与してまいります。本機構の研究活動へのご協力をよろしくお願い申し上げます。

関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構長
本西 泰三

機構長研究挨拶