研究者・研究活動

公募(アンケート調査の調査項目提供研究者)

ソシオネットワーク戦略研究機構(RISS)では、よりユーザー志向のデータベースを構築するため、Webアンケート調査における、新規アンケート調査項目を随時公募しています。詳細は、以下の通りです。

(2017年7月25日更新)

公募するアンケート調査の調査項目提供研究者の概要

公募する新規アンケート調査項目 @ 経済心理データ分析に関するもの
A 情報通信技術分析に関するもの
上記2種類のアンケート調査項目の新規提案を求めます。
過去に実施したアンケート調査項目については、「RISS経済心理学データアーカイブ」をご参照ください。

応募について

応募資格 (1) 大・w院、大学、短期大学、高等専門学校、大学共同利用機関等の教職員及びポスト・ドクトラル・フェロー
(2) 民間企業等の機関に属し、主に研究を職務とする職員
(3) RISS運営委員会共同研究部会が適当と認めた者(大学院生を含む)
応募方法 応募用紙を以下よりダウンロードし、電子メールで提出してください。
RISSアンケート調査項目公募のお知らせ
RISSアンケート調査項目応募申請書(様式D-1)
提出期限 随時(電子メールによる)
ただし、毎年9月末日までに応募のあった項目については、当該年度内に実施されるアンケート調査項目として検討し、10月以降に応募のあった項目については、翌年度以降のアンケート調査項目として検討します。
提出先 E-mail:

審査に関して

審査手順 応募項目に関しては、RISS共同研究部会が審査、選考します。
選考過程についての問い合わせには応じられません。
審査結果の通知 調査項目の応募者に対して、採否が決定次第、電子メールにて通知いたします。

採択された場合

(1) 採択された調査が納品されてから公開までの間の調査データを利用することができます。その場合は、RISSミクロ・データ利用者の申請手続きを経て、貸し出されます。
(2) 調査項目の詳細について、打ち合わせをさせていただく場合があります。
(3) 調査項目の設計へのご協力、分析結果の報告書、RISSディスカッションペーパーへの掲載をお願いする場合があります。
(4) 調査データを利用して、学術論文、学会等にて発表する場合は、RISS(関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構)のデータを使用したことを明記してください。また、RISS事務室へ、学術論文であれば、1部コピーを、学会発表であれば、そのプログラムのPDFをメールにて送付願います。

応募情報の取扱い

(1) 応募いただいた個人情報は、選考及び採択後の通知以外の用途には、一切使用しません。
(2) ご提案された調査項目を含むデータベースは、RISSのホームページにより、研究者コミュニティに公開することをご了承のうえご応募ください。

公募(アンケート調査の調査項目提供研究者)実績

2014年度

七條達弘(大阪府立大学経済学研究科)「価値観形成の調査」

田中秀幸(東京大学大学院情報学環)「オープンデータの活用に関する調査」

2011年度

大津唯(慶應義塾大学大学院経済学研究科)「子どもの医療と健康」

上村一樹(慶應義塾大学大学院経済学研究科)「外来患者の一律定額負担導入の影響について」

゙成虎(慶應義塾大学大学院経済学研究科)「子どもの保育と母親の就業」

2010年度

山肩大祐(香川大学)「医療情報の情報共有及び利活用に関する意識調査」

共同利用・共同研究拠点・燒セ会

日本経済政策学会 第68回全国大会 ミクロデータに関する共同セッション

日本経済政策学会 第68回全国大会(平成23年5月29日(日)駒澤大学 駒沢キャンパス)にて、慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センターと関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構の共同開催で、共同利用・共同研究拠点説明会を行います。奮ってご参加ください。

プログラム

政策メッセ2010 「共同利用・共同研究拠点」公募説明会

「政策メッセ2010」(平成22年10月30日(土)明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー)にて、慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センターと関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構の共同開催で、共同利用・共同研究拠点説明会を行います。奮ってご参加ください。

プログラム