研究者・研究活動

公募(ミクロ・データ利用者)

ソシオネットワーク戦略研究機構(RISS)では、ミクロ・データ利用者を随時公募しています。
詳細は以下の通りです。

(2017年7月25日更新)

公募するミクロ・データ利用者の概要

共同利用できるデータ RISS経済心理学データアーカイブ
研究期間 利用承認日から当該年度の3月31日まで(継続申請も可)
研究経費 原則支給しない。(近郊区間交通費、消耗品は必要に応じて)
募集定員 定員枠は設けない。
研究組織 単独申請及び研究代表者(連携利用者を代表する)による申請。

応募について

応募資格 (1) 大学院、大学、短期大学、高等専門学校、大学共同利用機関等の教職員及びポスト・ドクトラル・フェロー
(2) 民間企業等の機関に属し、主に研究を職務とする職員
(3) RISS運営委員会共同研究部会が適当と認めた者(大学院生を含む)
応募方法 応募用紙を以下よりダウンロードし、署名・捺印のうえ、郵送してください。 なお、新規利用申請の場合は、所属する組織から発行された「在職証明書」を添付してください。申請者、連携利用者ごとに必要です。大学院生、研究生の場合は、所属組織から発行された「在籍証明書」を提出してください。 さらに、大学院生の場合は、以下の「指導教授推薦状」も提出してください。
RISSミクロ・データ利用者公募のお知らせ
RISSミクロ・データ利用申請書及び誓約書(様式1新規利用申請書)
RISSミクロ・データ再利用申請書及び誓約書(様式2再利用申請書)
RISSミクロ・データ利用者指導教授推薦状(大学院生の場合)
提出期限 随時(郵送による)
提出先 送付先:〒564-8680 大阪府吹田市山手町3−3−35
     関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構事務グループ
     TEL:06-6368-1228 FAX:06-6330-3304
     E-mail:

審査に関して

審査結果の通知 書面審査。ミクロ・データの応募者に対して、採否が決定次第、電子メールにて通知いたします。
審査情報の開示 希望者に対して、審査内容を書面にてお知らせします。申請書に明記してください。

成果報告

ミクロ・データ利用者は、研究期間終了後、2ヶ月以内に「ミクロ・データ利用実施報告書」、あるいは、「研究報告書」(研究論文、ディスカッションペーパー、学術誌等への投稿論文、学会発表報告書等)を提出していただきます。
ミクロ・データ利用実施報告書

公募(ミクロ・データ・・p者)実績

ミクロ・データ利用者2016年

氏  名 所  属
大竹 文雄 大阪大学社会・経済研究所 教授
内田 眞一 日本銀行 企画局長

ミクロ・データ利用者2015年

氏  名 所  属
七條 達弘 大阪府立大学経済学研究科 教授
森川 想 東京大学大学院工学系研究科 助教

ミクロ・データ利用者2014年

氏  名 所  属
上村 一樹 東洋大学経済学部 助教

ミクロ・データ利用者2012年

氏  名 所  属
岡本 哲和 関西大学政策創造学部 教授
本西 泰三 関西大学経済学部 教授
小川 一仁 関西大学社会学部 准教授
滝 麻・゚ 聖マリア学院大学看護学部 専任講師
大津 唯 慶応義塾大学大学院経済学研究科 後期博士課程
上村 一樹 慶応義塾大学大学院経済学研究科 後期博士課程
佐藤 一光 慶応義塾大学大学院経済学研究科 後期博士課程
゙ 成虎 慶応義塾大学先導研究センター 非常勤研究員
松ア 頼人 関西大学大学院理工学研究科 前期博士課程
平沼 雄大 関西大学大学院理工学研究科 前期博士課程
山田 隆一郎 関西大学大学院理工学研究科 前期博士課程

ミクロ・データ利用者2011年

氏  名 所  属
丸谷 冷史 京都産業大学経済学部 客員教授
山肩 大祐 香川大学医学部附属病院 特命助教
大津 唯 慶応義塾大学大学院経済学研究科 後期博士課程
西田 有輝 関西大学大学院ガバナンス研究科
升屋 優花子 関西大学大学院ガバナンス研究科

ミクロ・データ利用者2010年

・・nbsp; 名 所  属
曹 陽 大阪商業大学JGSS研究センター ポスト・ドクトラル研究員
松原 光也 京都大学大学院工学研究科 特定助教
山肩 大祐 香川大学医学部附属病院 特命助教