新着情報

契約理論研究会(2019年6月15日)を開催いたします。

2019/06/07

日  程: 2019年6月15日(土) 13:30 〜 17:30

場  所: 

関西大学梅田キャンパス KANDAI Me RISE 7階701

詳細はこちら

  • 報告1:Wataru Tamura (Nagoya University): "Using Uncontrolled Trials with Selection Bias and Scaling up"
    • This study examines the design of program evaluation and policymaking based on uncontrolled trials. When program participation is nonrandomized, a simple before-and-after comparison may have selection bias. I consider a two-period model of pilot trials in which the policymaker can intervene in participation behavior in the second period trial. I show that modest scaling up by monetary intervention can help consistently estimate the population average treatment effect. Unlike monetary intervention, scaling up by information disclosure about the average outcome in the initial small-scale trial can mitigate but not eliminate the selection bias.

  • 報告2:Kenichi Amaya (Kagawa University): "Evolution of credible pre-play communication"
    • パレート順序づけされる複数のナッシュ均衡があるゲームでは、プレイヤー間の事前のコミュニケーションがあれば効率的な均衡が実現できるだろうという直感があり、進化ゲーム理論を用いてこの直感を支持する研究がなされて来ました。一方で、Aumann (1990)は、ゲームの利得構造によっては事前のメッセージで行動の意図は伝わらないと主張し、これを支持する実験結果も存在します。本研究は、進化ゲームの枠組みでAumannの主張に基礎づけを与えようとする一つの試みです。メッセージの解釈の可能性に制限を置いたモデルを考えると、Aumannの主張を支持する結果が得られることを示します。