KANSAI UNIVERSITY

KANDAI RIKEJO Engineering Science

わたしの進む道。

試行錯誤してやりがいを感じられる実験が大好き。
今、私の中にある微生物や食品への興味を
研究への情熱に変え、社会に役立てていきたい。

Volume04

Interview with AROMA KUTSUWA

近年、理工系分野の学部・学科で学ぶ女子はますます、注目を集めています。
そんな理工系女子=“リケジョ”な彼女たちは、いま何を見つめ、どんな未来を思い描いているのか。
関西大学の理工系学部・文理融合学部で学ぶ“リケジョ”が、内に秘めたストーリーを語ります。

vol.04
  • AROMA KUTSUWA
  • 久津輪 歩舞
  • 化学生命工学部 生命・生物工学科 3年次生
PERSON

もっと実験がしたくて、理工系で学ぶ。
大変なことも、純粋な楽しさで乗り越えられる。

中学時代の体験がきっかけで、理工系に進むことを決めた久津輪さん。現在は化学生命工学部生命・生物工学科3年次生で、講義の中で行う実験を楽しんでいます。秋に研究室配属を控える彼女は、興味を持てる研究テーマを模索しつつ、将来を見据えてインターンシップに参加予定。資格取得にも取り組みながら前進しています。

ADMISSION

実験の楽しさに気付いたそのときから、理工系への道が拓けました。

It's not rocket science

中学2年のとき、関西大学の理工系研究室体験プログラムに参加。髪の毛のキューティクルを観察したり、リトマス紙を一から作ったりと簡単な実験をさせていただきました。そこで「実験って楽しい!もっと実験がしてみたい!」と思い、理工系に進むことを決意。それまでは漠然と自分は文系に進むものと考えていましたが、一度の体験で「理工系しかない」と感じ、一気に数学や理科が好きになったほどセンセーショナルな出来事でした。

食品や医薬品の分野に興味があり、化学生命工学部生命・生物工学科をめざしました。大学では、多くの実験を行って学びを深める日々を過ごしています。クリーンベンチや遠心分離機といった本格的な機器を扱えること、特殊な薬品を用いた実験ができることは、中学時代にあこがれた大学生活そのもの。今は食品分野や医薬品・薬理学のほか、微生物や遺伝子など幅広い分野について学んでいます。

CAMPUS LIFE

難しくて大変な課題を乗り越えた先に、大きな収穫が待っています。

Actions speak louder than words.

さまざまな実験をしてきた中でも、2年次の講義「生命工学基礎実験」で行った菌の培養が特に楽しく、印象に残っています。固体や液体の栄養源に菌を植え付け、顕微鏡で見られるように増やしていきます。培養の段階では何の菌か知らされておらず、観察して特定するという主旨の実験だったので、どんな状態になるのかをワクワクしながら待っていました。観察してみると、種類を特定するのは至難の業で、私を含めたクラスのほとんどが不正解。しかし、数ある菌の特徴一つ一つが当てはまるかどうかを考える過程で、知識や洞察力が深まりました。

実験には大変なこともありますが、それも含めてやりがいになっていると感じます。研究レポートを80枚以上手書きする課題が出たときには、友人と図書館にこもって相談しながら進めていき課題を達成。文献や資料で調べた内容をもとにレポートを作成することで、物事を客観的にまとめる力が付きました。また、高校では化学と物理を選択していたため、大学から学び始めた生物分野では周りより早めに試験勉強に取り組むなどの工夫もしています。

Prospects for the Future

興味ある分野をさらに究め、
スキルを身に付けて社会で活躍したい。

研究室への配属は3年次秋学期から。特に興味がある微生物や食品分野の研究室に入りたいと考えています。夏には企業のインターンシップに参加する予定なので、そこでより具体的な研究テーマを見つけたいですね。大学院への進学はまだ迷っている途中。いずれにせよ、社会に出たら企業の研究職やメーカーの品質管理など在学中の学びを生かせる仕事がしたいと思います。また、食品衛生管理者の資格取得をめざして勉強しており、その過程で学んだことも自らのスキルとして生かしたいと考えています。
理工系には難しそう、大変そうというイメージがあるかもしれませんが、試行錯誤をする過程があるからこそ、得られるものも大きいと思います。思い通りの実験結果が出たときに感じるやりがいは何にも代えられません。これから大学の理工系学部をめざす学生の方には、自分の学びたいことが難しくてもあきらめずに挑戦してほしいです。

※Rikejo/リケジョは、株式会社講談社の登録商標です。

※学年・所属は撮影当時のものです。

関西大学の研究についてはこちら

関大研究力|研究まとめサイト