KANSAI UNIVERSITY

配布資料一覧

取組概念図.pdf

取組パンフレット.pdf


各年度の成果報告書

※ 表紙の写真をクリックすると、PDFファイルがダウンロードいただけます。ただし、顔写真や講演会資料が掲載されている部分など、一部表示されていない部分もあります。予めご了承ください。

2012(平成24)年度 報告書

2012(平成24)年度 報告書

↑ダウンロードはこちら

  • はじめに
  • 取組概念図
  • 実施体制
  • 年次計画
  • 組織

  • Ⅰ 取組全体の概要
  • Ⅱ 2012(平成24)年度の取組の概要
  • Ⅲ 関西大学ライティングラボの取組
  • Ⅳ 津田塾大学ライティングセンターの取組
  • ⅴ 教職員合同FD・SD研修会、TA合同研修会
  • ⅵ シンポジウム報告
  • ⅶ eポートフォリオ調査報告
  • ⅷ 海外視察調査報告
  • Ⅸ 国内調査報告
  • Ⅹ 研究成果報告

2013(平成25)年度 報告書

2013(平成25)年度 報告書

↑ダウンロードはこちら

  • はじめに
  • 取組概念図
  • 実施体制
  • 年次計画
  • 組織

  • Ⅰ 取組全体の概要
  • Ⅱ 2013(平成25)年度の取組の概要
  • Ⅲ 関西大学ライティングラボの取組
  • Ⅳ 津田塾大学ライティングセンターの取組
  • Ⅴ eポートフォリオシステム開発部会の取組
  • Ⅵ 教職員合同FD・SD研修会、TA合同研修会
  • Ⅶ シンポジウム報告
  • Ⅷ 海外視察調査報告
  • Ⅸ 国内視察報告
  • Ⅹ 研究成果報告
  • Ⅺ 取組に対する評価と今後の課題

2014(平成26)年度 報告書

2014(平成26)年度 報告書

↑ダウンロードはこちら

  • はじめに
  • 取組概念図
  • 実施体制
  • 年次計画
  • 組織

  • Ⅰ 取組全体の概要
  • Ⅱ 2014(平成26)年度の取組の概要
  • Ⅲ 関西大学ライティングラボの取組
  • Ⅳ 津田塾大学ライティングセンターの取組
  • Ⅴ eポートフォリオシステム開発部会の取組
  • Ⅵ 教職員合同FD・SD研修会、TA合同研修会
  • Ⅶ シンポジウム報告
  • Ⅷ 評価指標開発部会の取組
  • Ⅸ 海外視察調査報告
  • Ⅹ 国内視察報告
  • Ⅺ 研究成果報告
  • Ⅻ ステークホルダーへのインタビュー
  • XⅢ 取組に対する評価と今後の課題

2015(平成27)年度 報告書

2015(平成27)年度 報告書

↑ダウンロードはこちら

  • はじめに
  • 取組概念図
  • 実施体制
  • 年次計画
  • 組織

  • Ⅰ 取組全体の概要
  • Ⅱ 文部科学省による中間評価を受けて
  • Ⅲ 2015(平成27)年度の取組の概要
  • Ⅳ 関西大学ライティングラボの取組
  • Ⅴ 津田塾大学ライティングセンターの取組
  • Ⅵ eポートフォリオシステム開発部会の取組
  • Ⅶ 教職員合同FD・SD研修会、TA合同研修会
  • Ⅷ シンポジウム報告
  • Ⅸ 評価指標部会の取組
  • Ⅹ 研究成果報告
  • Ⅺ 取組に対する評価と今後の課題

2016(平成28)年度 報告書

2016(平成28)年度 報告書

↑ダウンロードはこちら

  • はじめに
  • 取組概念図
  • 実施体制
  • 年次計画
  • 組織

  • Ⅰ 取組全体の概要
  • Ⅱ 2016(平成28)年度の取組の概要
  • Ⅲ 関西大学ライティングラボの取組
  • Ⅳ 津田塾大学ライティングセンターの取組
  • Ⅴ eポートフォリオシステム開発部会の取組
  • Ⅵ 教職員合同FD・SD研修会、TA合同研修会
  • Ⅶ シンポジウム報告
  • Ⅷ 評価指標部会の取組
  • Ⅸ 研究成果報告
  • Ⅹ 取組に対する評価と今後の課題

冊子体の報告書をご覧になりたい方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


ルーブリック

 2012(平成24)年度採択 文部科学省大学間連携共同教育推進事業「〈考え、表現し、発信する力〉を培うライティング/ キャリア支援」では、①〈書く力〉をめぐる評価指標②自己評価指標③〈考え、表現し、発信する力〉をめぐる指標、の計3種の指標を開発しました。
作成したルーブリックは以下のとおりです。ぜひ、授業等でお役立ていただければと存じます。

 ルーブリック開発の詳細につきましては、各年度の成果報告書をご参照ください。


【お願い】

本サイトで公開しているルーブリックのご利用・ご改変等をされる際には、取組名称(2012(平成24)年度採択 文部科学省 大学間連携共同教育推進事業「〈考え、表現し、発信する力〉を培うライティング/ キャリア支援」)をご明記のうえ、ご利用ください。
公開しているルーブリックを営利活動として使用することは、ご遠慮ください。


【ルーブリックに関するお問い合わせ】

関西大学教育推進部ライティングラボ
E-mail: wlabo@ml.kandai.jp



①〈書く力〉をめぐる評価指標

ライティングに関するクラスルーブリック(ver.2.0)
【説明】共通教養科目「文章力をみがく」用として作成。
    想定する文章は、2000字程度の論証型レポート。

入門演習・基礎演習用クラスルーブリック(ver.1.0)
【説明】社会安全学部「入門演習(1年次)」「基礎演習(2年次)」用として作成。
    科目の指定テキストは『知のツールボックス』(専修大学出版会)。

論文作成に関する自己評価のためのルーブリック(ver.3.1)
【説明】関西大学高等部卒業論文用として作成。
    学生の自己評価、ピア評価、教員評価を目的としている。

期末レポートに関するルーブリック(ver.3.2)
【説明】文学部「知のナヴィゲーター」用として作成。
    想定する文章は、2000字程度の論証型レポート。

英語ライティング・ルーブリック(ver.1.0)
【説明】リサーチペーパーの基本を習得し、留学時の課題に対応できる基本を身につけることを目標に作成。

日本語ライティング・ルーブリック(ver.1.0)
【説明】ライティングのプロセスに沿った観点を設定。


②自己評価指標

ライティングに関する自己評価のためのルーブリック(ver.2.1)
【説明】ライティングを中心とした初年次科目での使用を想定して作成。
    学生の自己評価、ピア評価、教員評価を目的としている。
    想定する文章は2000字程度の論証型レポート。

ブックレポートに関するルーブリック(ver.1.1)
【説明】主に初年次科目での使用を想定して作成。
    要約の他に、読解・自分の意見、別途資料の提示など、
    課題の内容に応じて観点を選択できるよう設定。


③〈考え、表現し、発信する力〉をめぐる指標

プレゼンテーションに関するクラスルーブリック(ver.1.0)
【説明】プレゼンテーションに関するクラスルーブリックとして作成。

ライティングセンタールーブリック(ver.2.0)
【説明】ライティングセンターでの使用を想定して作成。
    津田塾大学ライティングセンターとの共同開発。


※バージョン表記について
改修前のルーブリックは、「ver.1.0」と表記。改修の回数に伴い、「ver.2.0」以降で表記。


レポートの書き方 教材

 関西大学及び津田塾大学では、学生のアカデミックライティングを支援する教材を開発しています。

【関西大学開発分】
レポートの書き方ガイド(基礎篇)【改訂版2014】.pdf
レポートの書き方ガイド(入門篇).pdf
レポートの書き方ガイド(発展篇).pdf

【津田塾大学開発分】

レポートの書き方