KANSAI UNIVERSITY

関西大学おおさか文化セミナー

関西大学おおさか文化セミナーは、大阪府と関西大学が共催し、実施しております。

5月〜6月、10月〜11月の2期実施。
前期は大阪に暮らす生活に関わること、
後期は大阪を中心とした近畿の文化に触れます。

講座案内 平成26年度(前期)

総合テーマ 大阪再考(3)〜身近な大阪の学び〜
日時 平成26年5月13日〜6月10日の毎火曜日
18:30〜20:00(90分)
対象 一般社会人
会場 関西大学天六キャンパス 4階 405教室
(大阪市北区長柄西1-3-22)
→交通アクセス
主催 関西大学
共催 大阪府
受講料 500円(5回分)
定員 200名
申込方法 往復はがきに、@関西大学おおさか文化セミナー希望 A住所 B氏名(ふりがな) C年齢 D電話番号 E本講座を知ったきっかけを記入のうえ、下記までお送り下さい。
1枚の往復はがきに1名のみ記入してください。
※消費税率改定のため、新料金表示(104円)の往復はがきをご使用ください。
〒564-8680 吹田市山手町3-3-35
関西大学地域連携センター
「関西大学おおさか文化セミナー」(前期講座)係
申込受付 4月21日(月)【必着】
※定員を超えた場合、抽選
お問合せ先 関西大学地域連携センター
TEL:06-6368-1245 【9:00〜17:00】
詳細はこちら

※申込時にご記入いただきました個人情報につきましては、受講者名簿の作成、各種講座・セミナーのお知らせの目的にのみ使用いたします。

※なお、お申込いただきました方には、今後2年間、本セミナーのご案内を送付させていただきます。
案内がご不要の方は、申込時にその旨ご記入下さい。

講座内容

第1回 5月13日(火)
講演テーマ 大阪の地下浸水を考える〜命を守るために〜
講師 環境都市工学部教授 石垣 泰輔
講演要旨 日本の多くの都市は河口部にあり、地盤沈下の影響でできたゼロメートル地帯が広がっています。大阪でも大規模な地下街や地下鉄が低平地にあって、ゲリラ豪雨、河川の氾濫、高潮、津波による浸水の危険性が懸念されています。このような水災害について、具体的な地区を対象とした計算結果や浸水時の避難に関する実験結果を紹介しますので、何が起きるかを知り、命を守るために何ができるのかを考えましょう。
第2回 5月20日(火)
講演テーマ 関西三空港問題を考える
講師 商学部教授 橋 望
講演要旨 関西圏には、大阪国際空港(伊丹空港)、関西国際空港と神戸空港があります。実は今年、伊丹空港が開港75周年、関空が20周年を迎えます。従来から、関西圏に三空港は多すぎる、あるいは伊丹は廃止すべきだ、といった議論が展開されてきました。また、これらの空港を地域の経済発展にどう活用したらよいのでしょうか。こうした問題を議論する上で必要な情報を提供し、論点を整理して、皆さんとともに考えたいと思います。
第3回 5月27日(火)
講演テーマ 百貨店の物産展における地域表象
講師 総合情報学部教授 谷本 奈穂
講演要旨 島屋(大阪)の物産展の歴史をたどりながら、地域がどう表象されているかを考えます。従来、百貨店の催しは、「ハイカラ」で「文化的」な生活を啓蒙する機能を持っていました。ですが、今ではより大衆的なものとなっています。本発表では、特に北海道物産展に焦点を当てて、物産展で表象される「地域性」というものが、どのように構築されているかを見ていきたいと思います。
第4回 6月3日(火)
講演テーマ 長屋から見る大阪の風土性
講師 文学部教授 木岡 伸夫
講演要旨 住まいは人と人、人と自然の結びつき方(あいだ)を表しています。江戸時代の大坂に生まれた町家・長屋の住まいは、上方文化の舞台そのものです。長屋は、明治以後の近代化を経た今も残って人々の暮らしに根づき、現代の若者をも惹きつける本物の魅力を放っています。大阪の風土性ともいえる長屋住まいが、どのように生まれ育まれてきたのか、そこに見られる独特な〈あいだ〉の意味とは何か、を考えます。
第5回 6月10日(火)
講演テーマ 都市大阪のマネジメント最前線
講師 環境都市工学部准教授 岡 絵理子
講演要旨 昨年、梅田にグランフロント大阪が完成しました。うめきた広場で行われるイベント、黄緑色のうめぐるバス、建物にかけられた大きな広告、歩道に張り出したカフェなど、当たり前に目にできそうなまちの風景ですが、その実現はなかなか難しいのです。まちのにぎわいをつくり出す仕組み、エリアマネジメントについて、日本の他都市や海外の都市の事例も交えながらお話しします。

※事情により内容が変更となる場合があります。
※講座当日の午後1時以降、大阪府下に暴風警報が発令されている場合は休講といたします。詳細は、当ホームページでもご案内いたしますので、ご確認くださいますようお願いいたします。