KANSAI UNIVERSITY

イノベーション創生センター

センター長のメッセージ

本学発の技術を産官との連携、文理融合でイノベーションを生み出します

イノベーション創生センターは、本学から生まれた科学技術のみならず、企業の開発力や事業力、さらには文科系分野の事業発想を融合し、イノベーションを生み出すことを目的として2016年4月に設置され、センター活動を展開する専用施設は同年9月に竣工しました。ここでは、高度かつ先進的な研究装置・設備を配置し、本学の科学技術の研究開発を社会実装に向け促進します。本学教員や学生のみならず、開発企業やベンチャーも本センターで協働します。さらにマーケティング・リサーチ等の人文・社会科学分野との融合により、自然科学系・人文・社会科学系の枠組みを超え、教員・学生・企業技術者との対話・交流を実現することで、本格的なイノベーション創出の拠点を目指します。

本センターが目指す基本的機能としては、まず産学官連携研究で、外部資金による研究活動をコアとします。これが進展すれば、学生、研究者による起業支援、ベンチャー支援も構想していきます。さらに
対話プログラムによる総合的な開発プランニングが進行しますが、これは学生、研究者、参画企業による異分野協働によるイノベーション創出の新しい取り組みです。

また、参画学生の実践的研究力や社会に向けてのベンチャースピリットの育成など、人材育成からも大きな意義を持つと期待されます。恒常的に多様な人々が活躍し交流する本センターは、千里山キャンパスに新しい機能と表情を加えることになるでしょう。

 イノベーション創生センター長

イノベーション創生センター長
石川 正司