KANSAI UNIVERSITY

不凍タンパク質を用いたアスリートのための「冷凍お餅」が、グランフロント大阪「Knowledge Innovation Award 2013 」で「オーディエンス賞」を受賞!

2014年3月17日(月)13時30分から、グランフロント大阪の「ナレッジシアター」(北館4F)において、開催された「Knowledge Innovation Award 2013 最終選考会・発表・授賞式」で、本学の化学生命工学部の河原秀久教授と大阪府堺市内の和菓子店「河月堂」のコラボレーションで開発された『不凍タンパク質を用いたアスリートのための「冷凍お餅」』が7,200票を超える一般からの WEB 投票により決定した「オーディエンス賞」を受賞しました!

同イベントは今年度ナレッジキャピタルで行われた最もイノベーティブな活動を選考・表彰し、広く発信することを目的としたもので、ナレッジキャピタルに参画する企業・団体等を対象に、展示・プロダクトなどを対象とした「モノ部門」、ワークショップ・イベント・プロジェクトなどを対象とした「コト部門」の2部門に分けて募集されました。

グランフロント大阪開業1年間の集大成ともいえるこのアワードに合計92組の応募があり、その中から最終選考にノミネートされた20組による白熱したプレゼンテーションが行われました。

多くの方に支持いただいた本学の取り組みに対して、審査員や他の受賞者からも「マラソン前に是非食べてみたい!」「餅にいろんな付加価値をつけて発売してほしい!」など、今後の展開を期待する声が寄せられました。

受賞した「冷凍お餅」の商品名「和neチャージS」は、2013年秋学期に商学部の取り組みである「テクコレス」で河原教授との共同プロジェクトの中で行われた、ネーミング・コンテストで決定されたものです。

商品名は下井章文君(商・川上ゼミ3回生)と、佐古夏海さん(商・荒木ゼミ2回生)のアイデアが採用され、商品のパッケージ(裏面)には、名称考案者として、下井君と佐古さんの名前も記載されています。


この商品は、河原教授と「河月堂」が共同開発し、アスリートが運動前に食べることで、エネルギーを効率よくチャージできるものです。河原先生の開発された不凍タンパク質技術により、冷凍しても自然解凍で柔らかくなるため、電子レンジ等を使わずに、必要な時に、すぐにおいしく食べられる点が特徴です。

その他の受賞内容やアワードについての詳細は
【ナレッジキャピタル公式ホームページ/プレスリリース】をご覧ください。

http://kc-i.jp/material_get.php?topics_id=00000076&kbn=pdf