KANSAI UNIVERSITY

センター長のメッセージ

関西大学らしい知財のあり方をめざします。

今日、産学官連携、社会貢献などが大学の責務の一環として定着しています。 「学の実化」を学是とする関西大学は、学内で創生した研究成果を社会に還元することを大学の使命とし、 社会連携の推進、研究成果の知的財産化を積極的に取り組むことを目的に知財センターを設立いたしました。 知的財産の創造・保護・活用の推進戦略をたて、知的財産の創出、 教員の研究活動によって生み出された学術研究成果の活用による社会貢献と、 学術研究の振興を支援することを目指しています。そのために配置された、 幅広い分野に亘る10余名の産学官コーディネータは、大学-企業間相互の橋渡し役を積極的に展開しています。

また、知的財産に係わる活動に、果敢かつ着実に取り組むことができる人材の育成も目指しています。自己および他者の創出した知的財産を尊重し、学術や社会の発展に役立てる精神と能力を有した、様々な分野で活躍できる人材を育成することを目的としています。そのために、知的財産に関する講義とリンクし、知的財産関連に特化した知財インターンシップ活動にも注力しています。

このように、研究成果と教育、双方からの知的財産の両立を果たすことによって社会貢献できるセンター運営を目指しております。

知財センター長 谷 弘詞

知財センター長
谷 弘詞

技術移転の流れ

技術移転の流れ
  1. 知財センターにて発明届を受付けし、発明委員会にて発明届の特許性や事業性、帰属について検討します。

  2. 社会連携部が外部機関と連携し、コーディネーターがライセンス活動を行います。

  3. 共同研究、もしくは委託研究を行います。
    また、共同研究の成果を、大学と共有します。(共同出願)