KANSAI UNIVERSITY

三井住友SMBCとの連携

三井住友銀行と産学連携に関する協定、および知的財産権の技術移転に関する基本契約を締結

三井住友SMBCとの連携平成18年2月9日、関西大学は三井住友銀行、SMBCコンサルティングと「産学連携に関する協定」並びにSMBCコンサルティングと「知的財産権の技術移転に関する基本契約」を締結致しました。

三井住友銀行グループが、私立大学で知的財産権の技術移転に関する契約を締結したのは、関西大学が初となります。

本協定は、関西大学と三井住友銀行、SMBCコンサルティングが産学連携の推進のため、幅広い協力を積極的に行い、学術の発展及び経済産業の発展に資することを目的としています。

技術移転契約では、三井住友銀行グループが関西大学の持つ知的財産の事業化の可能性や具体的なビジネスモデルの検討、市場調査などを手掛け、技術移転を図ります。

産学連携活動の成果については、その実用化・事業化において、三井住友銀行グループが金融・営業情報等で多角的なサポートを行う他、更なる双方の人的・知的交流を図り、銀行のお取引先企業と関西大学の研究者がより身近な接点を持つことができるよう、法律、経済、経営などの幅広い分野でのセミナーや講演会を積極的に開催し、産学連携を推進し社会に貢献することをめざしています。