KANSAI UNIVERSITY

活動実績

地域連携の活動

活動実績(公開講座・シンポジウム等)

    
開催日 活動状況
2012.2.22 第6回 三大学(大阪市立大学×大阪府立大学×関西大学)連携公開講座
2012.2.18、2.25 関西大学特別公開講座(大同生命保険株式会社寄付講座)
2012.1.14 第5回 関大 ふくい 笑い講 (福井県)
2012.1.14 第12回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2011.11.26〜12.17(毎土曜日) 第10回 関西大学サタデー・カレッジ
2011.11.12 公開講座フェスタ2011
2011.11.5〜11.6 地域の魅力アピールコーナー(学園祭)
(池田市、堺市、吹田市、高槻市、武雄市、天神橋筋商店連合会、明日香村、丹波市、葛城市、福井県、城陽市、加西市)
2011.10.18〜11.15(毎火曜日) 関西大学おおさか文化セミナー 後期(大阪府)
2011.10.17〜10.31 関西大学ミュージアム講座
2011.10.8〜10.29(毎土曜日) 関西大学公開講座 後期(高槻市)
2011.10.6〜10.27(毎木曜日) インテリジェントアレー専門セミナー 後期(関西社会人大学院連合)
2011.9.29〜10.21(毎木・金曜日) 第40回 生涯学習吹田市民大学 関西大学講座 後期(吹田市)
2011.09.4 第11回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2011.8.23 高槻市大学交流センター事業(高槻市)
「アイデア工作スクール〜大学生と作ろう!発明しよう!〜」(小学校3,4年生対象)
2011.7.23、9.24、10.22、11.19、12.10 子ども・若者支援地域ネットワーク形成のための研修会(高槻市)
2011.7.8 第5回 三大学(大阪市立大学×大阪府立大学×関西大学)連携公開講座 「鉄道を巡る〜大阪の歴史と発展〜」
2011.6.18 第10回 かんだい明日香まほろば講座(明日香村)
2011.6.16〜7.8
(毎木・金曜日)
第40回 生涯学習吹田市民大学 関西大学講座 前期(吹田市)
2011.6.15〜7.13
(毎水曜日)
専門セミナー 前期(関西社会人大学院連合)
2011.5.28〜6.11
(毎土曜日)
関西大学公開講座(高槻市)(前期)
2011.5.24〜6/21(毎火曜日) 関西大学おおさか文化セミナー(前期)(大阪府)
2011.02.12、02.19 関西大学特別公開講座(大同生命保険株式会社寄付講座)
2011.01.23 第4回 関大 ふくい 笑い講 (福井県)
2011.01.22
第9回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2011.1.19 第4回 三大学(大阪市立大学×大阪府立大学×関西大学)連携公開講座 「ウェルビーイングおおさか」
2010.11.27〜12.18
(毎土曜日)
第9回 関西大学サタデー・カレッジ
2010.11.18 公開講座フェスタ2010
2010.11.6〜11.07 地域の魅力アピールコーナー(学園祭)
(池田市、堺市、吹田市、高槻市、武雄市、天神橋筋商店連合会、明日香村、丹波市、福井県、城陽市、加西市)
2010.11.02〜12.07
(毎火曜日)
関西大学おおさか文化セミナー(大阪府)
2010.10.06〜11.17
(毎水曜日)
インテリジェントアレー専門セミナー 後期(関西社会人大学院連合)
2010.10.04、10.18、10.25 関西大学ミュージアム講座
2010.10.02〜10.16
(毎土曜日)
関西大学公開講座 後期(高槻市)
2010.09.30〜10.22
(毎木・金曜日)
生涯学習吹田市民大学 関西大学講座 後期(吹田市)
2010.09.25
第8回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2010.08.26
高槻市大学交流センター事業(高槻市)
「アイデア工作スクール〜関西大学大学生と作ろう〜」
2010.08.04
関西大学博物館主催「なんでも相談会」(丹波市・福井県)
2010.06.20
第7回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2010.06.17〜07.09
(毎木・金曜日)
生涯学習吹田市民大学 関西大学講座 前期(吹田市)
2010.05.29〜06.26
(毎土曜日)
関西大学公開講座 前期(高槻市)
2010.05.19〜06.16
(毎水曜日)
専門セミナー 前期(関西社会人大学院連合)
2010.01.17 第3回 関大 ふくい 笑い講 (福井県)
2010.01.16
第6回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2009.12.01 高槻市大学交流センター事業「更正できる社会をめざして」
2009.11.15 「高槻食育フェア2009」への参加
2009.09.26 吹田市との連携「夢・きらせミナー」
2009.08.29
第5回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2009.07.25〜07.26 親子で学ぶキッズサマーキャンプ(りそな銀行)
2009.06.20
第4回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2009.02.18 「町街塾」(天神橋筋商店連合会)
2009.01.17
第3回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2008.12.20 第2回 関大 ふくい 笑い講 (福井県)
2008.11.21 高槻市制65周年・中核市移行5周年記念事業
「市内5大学リレー講座」
2008.11.15 高槻市食育シンポジウム2008(高槻市)
2008.11 地域の魅力アピールコーナー(学園祭)
(武雄市、福井県、丹波市、加西市、池田市、高槻市、吹田市)
2008.09.27 夢きらせミナー(吹田市)
2008.09.13
第2回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2008.05.09〜05.10 すいた産業フェア(吹田市)
2008.04.18 すいたエコツアー(吹田市)
2008.06.29
第1回 かんだい 明日香 まほろば講座 (明日香村)
2007.12.11 第1回 関大 ふくい 笑い講 (福井県)
2007.02.17 第4回 経営戦略セミナー(野村證券岸和田支店)
2006.07.08 朝日・大学パートナーズシンポジウム
『格差社会を考える―地域の力・行政の役割―』
2006.06.16 地域連携センター開設記念シンポジウム
〜社会連携部設立1周年記念〜
『安全・安心のできる地域社会の構築に向けて―手を結ぶ地域と大学』
2006.05.27 朝日・大学パートナーズシンポジウム
『明日香の原風景を求めて―手を結ぶ地域と大学』

吹田市との連携

生涯学習 吹田市民大学 関西大学講座(吹田市民講座)

吹田市民の方をはじめ地域社会人の学びの場として、関西大学と吹田市教育委員会が共催で実施するものです。 大学の講義をより身近に市民の皆さんにご活用いただけるよう、年2回、前期講座と後期講座(全2コース)として各テーマを設けてお聴きいただいています。

詳細はこちら⇒http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/kokaikoza/suita.html           

すいたエコツアー(2008.4.18)

  • すいたエコツアー
  • すいたエコツアー
  • すいたエコツアー

平成20年4月18日(金)、関西大学千里山キャンパスにおいて開催。
吹田市環境部からの依頼により、約30名の吹田市民の方々が「すいたエコツアー」として本学凛風館をご見学いただきました。
風力発電や太陽光発電、コージェネレーションシステム等について施設課担当者からの説明を熱心にお聞きいただきました。

高槻市との連携

けやきの森市民大学 関西大学公開講座(高槻市)

けやきの森市民大学 関西大学公開講座(高槻市)は、関西大学と高槻市が共催して年2回前期と後期の2期(全2コース)実施しております。

詳細はこちら⇒http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/kokaikoza/takatsuki.html               

高槻市大学交流センター事業「アイデア工作スクール〜関西大学大学生と作ろう〜」(2010.8.26)

  • 本学学生による進行の様子
  • 児童のアイデアを特許受付する様子
  • ロボット製作中の様子

高槻市大学交流センター事業「アイデア工作スクール〜関西大学大学生と作ろう〜」
(主催:関西大学/高槻市、協力:社団法人発明協会大阪支部)が開催されました。
平成22年8月26日(木)於:高槻市総合市民交流センター。 当日は講師にでんでんタウン協栄会事務局長の吉谷達嗣氏(大阪市日本橋少年少女発明クラブ指導員)をお招きし、前半で約30名の小学3・4年生は、アイデア工作を通じて「特許」について学びました。 その後、実際に参加者がロボットを製作し、そこでの独自のアイデアがどのように「特許」につながり、より独創性の高いロボットを製作するためにライセンスを活用するか学びました。単なる工作だけでなく、普段意識することの少ない知的財産についても学ぶ機会となりました。 最初はとまどう子もいましたが、最後には理解も深まり満足していただけたかと思います。また、当日は知財について学ぶ関西大学法学部の学生が参加し、進行や製作の補助を行いました。

高槻市大学交流センター事業「更正できる社会をめざして」(講演会)開催(2009.12.1)

  • 高槻市大学交流センター事業「更正できる社会をめざして」
  • 高槻市大学交流センター事業「更正できる社会をめざして」
  • 高槻市大学交流センター事業「更正できる社会をめざして」



平成21年12月1日、高槻市総合市民交流センターにて、高槻市および高槻市保護司会との連携事業として、「更正できる社会をめざしてー更正保護の現状から地域ができることを考えるー」を開催いたしました。

これは、高槻市内大学と同市市民との交流の機会として、同市施設を利用した催しを開催するもので、今年度は高槻市保護司会の共催、「高槻・島本地区社会を明るくする運動実施委員会」の後援、高槻BBS会の協賛を得て、同市重点政策である安全安心な社会の実現のため、わが国における更正保護の現状について講演会として開催したものです。

当日は50人以上の高槻市民の方々が来場され、熱心に講演に聞き入っていました。本学からは社会学部の富田拓郎准教授が「地域における更正支援のかたちーマルチシステミックセラピー」をテーマに登壇し、アメリカで実践され、効果をあげている療法について紹介し、来場者とともに、地域で更正をささえるシステムづくりについて考えました。

高槻市食育フェア2009に参加(2009.11.15)

  • 高槻市食育フェア2009
  • 高槻市食育フェア2009
  • 高槻市食育フェア2009



平成21年11月15日(日)、高槻市立第一中学校にて、「高槻市食育フェア2009」が開催され、多数の市民の方が来場されました。

この事業は、高槻市民が「食育」に対する理解と関心を高め、食のあり方を学んでいただけるよう同市が主催したもので、本学は連携事業の一環として、昨年度に引き続き、主に関西大学人間活動理論研究センター(CHAT)での活動を展示ブースにてご紹介しました。この活動は「食」をテーマに栄養の基礎や農業体験、環境や歴史の学習などを本学学生と近隣小学校の児童とで実践するものです。 児童が作成した絵本やレシピを展示し、多くの方々が足をとめ熱心に説明に聞き入っておられました。

高槻市制施行65周年・中核市移行5周年記念事業
「市内5大学リレー講座」への参加(2008.11.21)

  • 高槻市制施行65周年・中核市移行5周年記念事業「市内5大学リレー講座」
  • 高槻市制施行65周年・中核市移行5周年記念事業「市内5大学リレー講座」
  • 高槻市制施行65周年・中核市移行5周年記念事業「市内5大学リレー講座」



平成20年11月21日(金)、高槻市総合市民交流センター8階・イベントホールにて、高槻市制65周年・中核市移行5周年記念事業「市内5大学リレー講座」が開催され、100名以上が参加されました。

この事業は、高槻市の節目の年を迎え、これまでのまちづくりの中で育まれた市内大学との文化、教育、スポーツ等の交流事業などの成果を踏まえ、今後のさらなる地域と大学との結びつきの強化を期待して同市が主催したものです。

リレー講座と展示ブースでの大学アピールが実施され、市内にキャンパス等を持つ大阪医科大学、大阪薬科大学、関西大学、京都大学大学院農学研究科付属農場、平安女学院(五十音順)が参加しました。本学からは芝井副学長(文学部教授)が登壇し、「関西大学と高槻市のまちづくり−社会安全・産業振興・教育連携・政策創造−」をテーマに、これまでの本学と高槻市との関わりや今後の連携事業、そして2010年に開設予定の高槻新キャンパスの概要について講演を行いました。

高槻市食育シンポジウム2008に参加(2008.11.15)

  • 高槻市食育シンポジウム2008(2008.11.15)
  • 高槻市食育シンポジウム2008(2008.11.15)
  • 関西大学研究フォーラム「商店街と地域社会の活性化」を開催(2008.2.26)

平成20年11月15日、高槻市食育シンポジウム2008に参加しました。このシンポジウムは、高槻市民が「食育」に対する理解と関心を高め、食のあり方を学んでいただけるよう同市が主催したもので、本学は連携事業の一環として、主に関西大学人間活動理論研究センター(CHAT)での活動を展示ブースにてご紹介しました。この活動は「食」をテーマに栄養の基礎や農業体験、環境や歴史の学習などを本学学生と近隣小学校の児童とで実践するものです。 児童が作成した絵本やレシピを展示し、多くの方々が足をとめ熱心に説明に聞き入っておられました。

関西大学研究フォーラム「商店街と地域社会の活性化」を開催(2008.2.26)

  • 関西大学研究フォーラム「商店街と地域社会の活性化」を開催(2008.2.26)
  • 関西大学研究フォーラム「商店街と地域社会の活性化」を開催(2008.2.26)
  • 関西大学研究フォーラム「商店街と地域社会の活性化」を開催(2008.2.26)

平成20年2月26日(火)、高槻市役所総合センター1階・展示ホールにて、関西大学研究フォーラム「商店街と地域社会の活性化」を開催され、約100名が参加しました。
このフォーラムは、本学と高槻市の連携事業の一環として、高槻市内の商店主の方々にご協力をいただきながら、本学社会学部「社会システムデザイン実習」において実施した「高槻市中心市街地商店街の生活、意識と地域の活性化に関する調査」をもとに、商店街関係者、地域の方々、学生・教員等の意見交換の場として開催したものです。
フォーラムでは、大西正曹地域連携副センター長による基調講演、学生による発表が来場者の関心を集めました。さらに、商店街活動の第一人者であり、天神橋筋商店連合会会長 土居年樹氏による講演が行われ、商店街と地域社会の活性化についての議論を深めました。

関西大学による高槻市大学交流センター事業(2007.10.27・28)

  • 関西大学による高槻市大学交流センター事業(2007.10.27・28)
  • 関西大学による高槻市大学交流センター事業(2007.10.27・28)
  • 関西大学による高槻市大学交流センター事業(2007.10.27・28)

平成19年10月27日(土)、28日(日)、高槻総合学習センター7階・第6会議室にて、関西大学による高槻市大学交流センター事業「ロボットをゴールまで動かそう!」というテーマに沿って、開催されました。
高槻市内の小学生と保護者合わせて20人が参加し、本学総合情報学部の学生とともに、障害物を配置したコースをロボットがゴールまで進めるプログラムを試行錯誤しながら、楽しく学習をしました。

関西大学による高槻市大学交流センター事業(2007.10.20)

  • 関西大学による高槻市大学交流センター事業(2007.10.20)
  • 関西大学による高槻市大学交流センター事業(2007.10.20)
  • 関西大学による高槻市大学交流センター事業(2007.10.20)

平成19年10月20日(土、)高槻総合学習センター7階・第6会議室にて関西大学による高槻市大学交流センター事業「色んな先の長さをはかろう!」というテーマに沿って、高槻市在住の小学生と保護者を対象に開催されました。
高槻市内の小学生と保護者合わせて20人が参加し、本学総合情報学部の学生とともに、ロボットを使って、紙にある矢印や曲線の長さを測定し、実際の長さと比べながら、楽しく学習しました。

明日香村との連携

飛鳥川環境保全活動(2010.10.28)

平成22年10月28日、奈良県明日香村稲淵地区の飛鳥川沿いで明日香村と関西大学の連携事業として実施している飛鳥川環境保全活動を、関西大学ボランティアセンターと学生スタッフの参加を得て実施しました。 当日は、公募により参加した学生を含む16人の学生が活動。関西大学職員と明日香村役場、明日香村地域振興公社、景観ボランティア明日香の方々とともに作業が進められました。昼食時にも学生とボランティア参加の方、役場職員、村民の方々の交流が見られ、和やかな雰囲気の中、飛鳥川の環境保全活動が行われました。 作業は順調にすすみ、予定外の範囲まで広げて作業しました。

第7回 かんだい 明日香 まほろば講座(2010.6.20)

  • 第7回 かんだい 明日香 まほろば講座(2010.06.20)
  • 第7回 かんだい 明日香 まほろば講座(2010.06.20)

平成22年6月20日、奈良県明日香村との連携事業として朝日新聞社の後援を得て、第7回「かんだい 明日香 まほろば講座『国際交流都市 あすか』を有楽町朝日ホール(東京)にて開催しました。 当日は、のべ800人以上の方に参加いただき、奈良大学名誉教授水野正好氏の講演および朝日新聞社天野幸弘氏のコーディネートによるパネルディスカッションを実施しました。 パネルディスカッションでは、パネリストの奈良大学名誉教授水野正好氏、滋賀県立大学教授田中俊明氏、国立歴史民俗博物館准授林部均氏、関西大学教授高橋誠一氏の各専門分野からの活発な討論がなされました。

明日香村「花桃」植栽ボランティア(2009.11.15)



平成21年11月15日、奈良県明日香村水落遺跡付近の飛鳥川沿いで明日香村と関西大学の連携事業として、関西大学ボランティアセンターと学生スタッフの協力を得て、明日香村「花桃」植栽ボランティアが行われました。
当日は、公募により参加した学生を含む12人の学生が活動に参加し、関西大学職員と明日香村役場の方々とともに飛鳥川沿いの景観整備や植樹を行いました。
昼食時にも学生と役場職員、村民の方々の交流が見られ、和やかな雰囲気の中、飛鳥川の景観整備が行われました。
この事業は今年で4年目をむかえ、これまで植栽された花桃は、春には美しい花を咲かせています。

第2回 かんだい 明日香 まほろば講座(2008.9.13)

  • 第2回 かんだい 明日香 まほろば講座(2008.9.13)
  • 第2回 かんだい 明日香 まほろば講座(2008.9.13)
  • 第2回 かんだい 明日香 まほろば講座(2008.9.13)

平成20年8月13日、東京センターで奈良県明日香村との連携事業として朝日新聞社の後援を得て、第2回かんだい 明日香 まほろば講座「明日の飛鳥-遺跡と景観-」を開催しました。
当日は、150人以上の参加のもと、高橋隆博博物館長の講演および朝日新聞社の天野幸弘コーディネーターらによるパネルディスカッションを実施しました。
明日香村の藤田尚政策調整課長からは、明日香にある高松塚古墳をはじめ国家的遺跡と景観の将来(保全)に関する説明があり、参加者からも多くのアイデアや発言をいただき成功裏に終えることができました。

第1回 かんだい 明日香 まほろば講座(2008.6.29)

  • ホールロビーに展示された高松塚古墳発掘当時に発行された関大通信
  • ホールロビーに展示された高松塚古墳の石室模型
  • 挨拶を行う森本靖一郎 関西大学理事長
  • 熱をおびたパネルディスカッション
  • ールロビーでは、石室模型を熱心に観察し、また明日香の物産即売に見入る多くの参加者があった。

平成20年6月29日(日)、東京 有楽町朝日ホールにおいて、関西大学と明日香村主催で、「かんだい 明日香 まほろば講座」を開催。後援は朝日新聞。
関西大学 森本靖一郎理事長、明日香村 関義清村長が高松塚古墳をはさんでの両者の繋がりについてそれぞれの立場で説明を織り交ぜながら挨拶を行った。
その後、上田正昭氏(京都大学名誉教授)が「飛鳥文化の再発見」と題し、徳田誠志氏(宮内庁書陵部陵墓課主席研究官)が「私の教室 明日香」と題し講演を行った。
講演後には、高橋隆博 関西大学博物館長、菅谷文則 滋賀県立大学名誉教授、木下正史 東京学芸大学特任教授、広瀬和雄 国立歴史民族博物館教授によるパ ネルディスカッションがおこなわれ、高松塚を中心とした飛鳥文化を守る明日香村と、その村民の暮らしについて様々な意見が出された。
参加者は500名近くあり、会場では講演等に聞き入る参加者の熱気がこもっていた。

アイススケート(2008.3.30)

  • アイススケート(2008.3.30)
  • アイススケート(2008.3.30)
  • アイススケート(2008.3.30)

平成20年3月30日(日)、本学アイスアリーナ(高槻)にて、明日香村在住の児童を対象にしたスケート教室を開催しました。当日は、約50名の児童が集まり、本学スケート部学生の指導のもと、思い思いにスケートを楽しみました。

朝日・大学パートナーズシンポジウム「明日香村の原風景を求めて」(2006.5.27)

  • 朝日・大学パートナーズシンポジウム「明日香村の原風景を求めて」(2006.5.27)
  • 朝日・大学パートナーズシンポジウム「明日香村の原風景を求めて」(2006.5.27)
  • 朝日・大学パートナーズシンポジウム「明日香村の原風景を求めて」(2006.5.27)

平成18年5月27日(土)、奈良県立万葉文化館において、朝日新聞社、関西大学、明日香村、奈良県主催で、キトラ古墳壁画公開記念「朝日・大学パートナーズシンポジウム」を開催。
「明日香の原風景を求めて-手を結ぶ地域と大学」をテーマに作家の立松和平氏の基調講演「日本の原風景-明日香村から」やパネルディスカッションを行い、約400名の参加を得、明日香の美しい自然に囲まれながら、飛鳥川や文化遺産を活かした明日香村のあり方について意見交換を行った。

八尾市との連携

ただいま準備中です。

丹波市との連携

関西大学博物館主催「なんでも相談会」(2010.8.4-5)

  • 関西大学博物館開催「なんでも相談会」(2010.08.04)
  • 関西大学博物館開催「なんでも相談会」(2010.08.04)
  • 関西大学博物館開催「なんでも相談会」(2010.08.04)

平成22年8月4日(水)〜5日(木)の2日間、関西大学博物館にて開催されている「なんでも相談会」に、本学が連携している丹波市と福井県も、出土した恐竜の資料で参加いただきました。 両日とも、丹波市からは資料の他に出土した恐竜(丹波竜)の骨のレプリカの展示と、丹波竜のマスコットキャラクター「ちーたん」の登場もあり、来場された方々に丹波竜の説明とアピールが大いになされました。 また、丹波市からは氷上西高等学校から高校生が来学し、ボランティアとして「なんでも相談会」をサポートしました。

関西大学博物館開催「なんでも相談会」(2009.8.4-5)

  • 関西大学博物館開催「なんでも相談会」(2009.8.4-5)

平成21年8月4日(火)〜5日(水)の2日間、関西大学博物館にて開催されている「なんでも相談会」に、丹波市も同市から出土した恐竜の資料で参加いただきました。
資料の他に出土した恐竜(丹波竜)の骨のレプリカの展示と、丹波竜のマスコットキャラクター「ちーたん」の登場もあり、来場された方々に丹波竜の説明とアピールが大いになされました。 

福井県との連携

第4回 関大ふくい笑い講(2011.1.23)

  • 第4回 関大ふくい笑い講(2011.1.23)
  • 第4回 関大ふくい笑い講(2011.1.23)
  • 第4回 関大ふくい笑い講(2011.1.23)

平成23年1月23日、福井県のAOSSA(アオッサ)県民ホールで福井県と関西大学が共催し、「第4回関大ふくい笑い講」を開催しました。ユニークな講演や落語の高座に、約500人ののご来場をもって盛会となりました。 当日は、本学からは森下伸也教授(人間健康学部)が登壇し、全国各地の「笑い」にちなんだ祭りを紹介しました。また、故木村洋二先生の功績を受け継ぐNPO法人プロジェクトaHは、本学の発明として特許を持つ「笑い測定機」の実演を行い、関西大学文化会落語大学の学生が披露する漫才と落語の笑いの数値化を行いました。

第3回 関大ふくい笑い講(2010.1.17)

  • 第3回 関大ふくい笑い講(2010.1.17)
  • 第3回 関大ふくい笑い講(2010.1.17)
  • 第3回 関大ふくい笑い講(2010.1.17)

平成22年1月17日、福井県のAOSSA(アオッサ)県民ホールにて福井県との連携事業として、「第3回 関大ふくい笑い講」を開催いたしました。 これは、健康長寿の県と言われている同県と、「笑い測定器(aH)」の開発など、「笑い」について科学的に研究している本学との連携事業で、「笑い」と「健康」を楽しく考える機会として、今回で3回目を迎えたものです。 当日は本学社会学部の森下伸也教授を始め、落語家の林家笑丸氏や、病院で長期療養する子どもたちを訪ねるホスピタルクラウンの活動で有名な大棟耕介氏による、パフォーマンス・講演がありました。 当日は500人以上の福井県民の方々が来場され、講演や落語、パフォーマンスを楽しまれ、笑いと健康について考える機会となりました。

関西大学落語大学実演会(2008.03.13・14、03.22・23)

  • 関西大学落語大学実演会
  • 関西大学落語大学実演会
  • 関西大学落語大学実演会

平成20年3月13日、14日及び3月22日、23日に福井県内の福祉施設にて、本学第一部文化会「落語大学」が笑いの実演会を行いました。 学生が熱演する落語に施設入居者の方からも笑いがこぼれ、和やかな空気に包まれました。

第1回 関大ふくい笑い講(2007.12.11)

  • 関大ふくい笑い講
  • 関大ふくい笑い講
  • 関大ふくい笑い講

平成20年12月11日、福井県県民ホールにて、「関大ふくい笑い講」を開催しました。 本学社会学部 木村洋二教授の講演、吉本興業 竹本浩三氏の講演に続き、本学の現役学生漫才師「りあるキッズ」が漫才を披露し、満員の会場は人々の笑顔でいっぱいとなりました。 この「関大ふくい笑い講」は、教育研究活動や学生の課外活動等を活用して、連携を深めている福井県とともに、福井県が県政施策の一つに掲げる「健康長寿」に関連して、「笑い」を一人ひとりの健康づくりに役立てるために実施されたもので、福井県との連携事業第一弾となりました。 今後も本学と福井県は、「関大ふくい笑い講」を定期的に開催し、「笑い」と「こころとからだ」について、福井県民とともに考えていきます。

加西市との連携

ただいま準備中です。

天神橋筋商店街との連携

天神橋筋店連合会・関西大学連携事業 商店街パレード及び奉納神賑行事(2008.7.5)

  • 商店街パレード及び奉納神賑行事
  • 商店街パレード及び奉納神賑行事
  • 商店街パレード及び奉納神賑行事

平成20年7月5日(土)応援団部による天神橋筋商店街パレードと交響楽団による大阪天満宮内での演奏会が開催されました。パレードには森本理事長をはじめ、黒田社会学部長、土居天神橋筋商店連合会長らも加わり、沿道には多くの人々が集まり、熱気に包まれました。引き続き、大阪天満宮で行われた交響楽団の演奏には、関係者をはじめ、近隣の住民の方が集まり、暑い夏の日の午後のひとときを楽しみました。

〜箸が取り持つ橋渡し〜
天神橋筋商店街に2.6mの巨大な若狭塗りばしがやってくる(2008.3.25)

  • 〜箸が取り持つ橋渡し〜天神橋筋商店街に2.6mの巨大な若狭塗りばしがやってくる
  • 〜箸が取り持つ橋渡し〜天神橋筋商店街に2.6mの巨大な若狭塗りばしがやってくる
  • 〜箸が取り持つ橋渡し〜天神橋筋商店街に2.6mの巨大な若狭塗りばしがやってくる

平成20年3月25日(火)、天神橋筋商店街「天三おかげ館」にて、天神橋筋商店連合会・NPO法人天神天満町街トラスト、国際箸文化研究所が主催するセレモニー「箸が取り持つ橋渡し 〜天神橋筋商店街に2.6mの巨大な若狭塗りばしがやってくる〜」が開催された。このセレモニーでは平成19年のNHK連続ドラマ『ちりとてちん』に因み、2.6mの巨大な若狭塗箸6膳を天神橋筋商店街1・2・3丁目のアーケードに吊るし、うち1膳を大阪天満宮に奉納し、2膳は本学に寄付された。教員の指導のもと、本学学生が巨大箸を天満宮まで運ぶなど、セレモニーをサポートした。

りそな銀行との連携

りそな銀行南森町支店開店50周年「大阪歴史講話と落語の会」(2010.10.20)

平成22年10月20日(水)、りそな銀行本社地下講堂にて、りそな銀行、関西大学、天神橋筋商店連合会、NPO法人 国際落語振興会が主催の「大阪歴史講話と落語の会」が開催されました。 これは、本学が連携協定を締結しているりそな銀行の南森町支店が50周年を迎えるにあたり企画されたもので、本学からは文学部教授・博物館長の高橋隆博先生が「豊臣期大坂図屏風」について講演し、オーストリアのグラーツで発見された豊臣期の屏風について、歴史的経緯や解説を行いました。 講演の後には桂小春團治一門による「落語の会」も催されました。 参加された方々は熱心に受講され、高橋教授の歴史講話では、時折感嘆の声が上がっていました。 この事業の参加料は、一部経費を除いて「天満天神繁昌亭」に寄付されます。 また、南森町支店そばの天神橋筋商店街には今年度7月に地域連携と研究の拠点「リサーチ・アトリエ「楽歳(らくさい)天三・楽市楽座」」が開設され、商店街の通行量や店舗の変化、回遊状況の分析や、地域交流の実態を調査し地域活性化のモデルを開発・実践するなどさまざまなアクションリサーチが進められています。

親子で学ぶキッズサマーキャンプ(2009.7.25-26)

  • 親子で学ぶキッズサマーキャンプ(2009.7.25-26)

平成21年7月25日(土)〜7月26日(日)、関西社会人大学院連合主催の事業として関西大学が企画運営し、りそな銀行と奈良県明日香村のご協力を得て、「親子で学ぶキッズサマーキャンプ」を開催しました。1日目はりそな銀行天六支店・関西大学天六キャンパスにおいて、キッズマネーアカデミー特別プログラムを実施し、「お金とその価値」について楽しく学びました。天六支店の見学や札勘、お金に関するゲームやクイズを通して、親子で「ライフプラン」について考えていただきました。2日目のプログラムでは明日香村の散策により、日本人の暮らしと文化の源流に触れました。参加者の方々は夏休みを機会に、親子での絆を深めながら見識を広められていました。

商工会議所との連携

ただいま準備中です。

武雄市との連携

ただいま準備中です。 

城陽市との連携

ただいま準備中です。

池田市との連携

ただいま準備中です。

大阪市北区との連携

ただいま準備中です。