KANSAI UNIVERSITY

関西大学社会連携基本方針

関西大学社会連携基本方針について

関西大学は、「開かれた大学」、「国際化の推進」、「情報化社会への対応」を教育理念として掲げ、「学の実化」を学是として、実学を重んじた人材教育と研究活動を実践する。
  「教育」、「研究」、「社会貢献」という使命を担う高等教育研究機関として、「社会貢献」の使命においては、社会との連携を強化し、研究成果の社会への還元・活用を推進することにより、その成果とともに関西大学と地域社会の発展に積極的に寄与する。

関西大学社会連携基本方針

  1. 本学の知的資源と学外の社会資源との融合により、新たな知の創出と活用を戦略的かつ効果的に推進することにより、我が国の社会、産業の発展に貢献する。(社会連携全般)
  2. 公的機関・地方自治体・企業をはじめ、社会との連携を推進することにより、実践的な教育研究活動を通して社会の発展に寄与できる人材を育成する。(社会連携全般)
  3. 国内外の事業者及び公共団体等と連携することにより、本学における教育研究活動の成果を積極的に地域社会や産業界のニーズに結び付けることで、経済の活性化と社会的諸課題の解決に貢献する。(産学官連携)
  4. 学術研究成果の知的財産化を促進すること及び国内外の事業者等へ当該知的財産権を移転することにより、新技術・新産業の創出に寄与する。(知的財産)
  5. 地域社会との連携の拠点として、本学及び地域社会が有する知的・人的資源を相互に活用し、教育研究活動の活性化とその成果をもって、本学及び地域社会の発展に寄与する。(地域連携)
  6. 「次世代の育成」という使命を共有する教育委員会、高等学校、中学校、小学校、幼稚園、支援学校等との連携を促進し、相互の人的・知的交流を通じて、学校・園及び大学双方の教育・研究の一層の充実並びに地域社会における教育活動及び教育環境の向上に取り組む。(高大連携)