実施体制実施体制

取組実施体制・プログラム開発

学長のリーダーシップの下、複数の大学院研究科が分野横断的に連携し、全学的に推進します。 「KU 産学官協働高度人材養成会議」(協議の場)は、その活動や事業を通して、高い見識を有するとともに、 海外進出している企業等のニーズを把握しており、また、実践的・実務的な経営者教育等を行う実績のある企業、 団体で構成され、産業界のニーズをもとにした、機体される人物像の能力を議論し、見直しを行います。

「プログラム開発委員会」は、学内外の教員、

コンサルティング会社およびモニター企業等からの実務家にて構成され、教育プログラムの体系と教育内容を決めるとともに、 講師の人選を行い、講師の作成した教材の内容確認を行います。

「プログラム開発委員会」の下部組織として「プログラム運営部会」「FD(ファカルティ・ディベロップメント)部会」 「プログラム評価部会」を構成し、教育推進部、社会連携部、国際部、校友会とも連携しながら、プログラムのPDCAの円滑な遂行を図ります。

Page Top

実証・改善サイクル

FD部会は、授業評価アンケートを単年度ごとに実施し、受講者からの意見を聴取して、各授業内容の改善を行います。 また、教員の教育に係る資質・教授法を高めるために授業研究や公開授業等を取り入れたFD研修会(年に2回開催)を実施します。 プログラム評価部会は、受講生及び派遣元企業に対するアンケートに加え、海外派遣されたプログラム修了生を対象に、 授業が実際の業務に役立ったか、さらに必要な課題は何か等の情報を収集し、プログラム構成や教員構成の改善案を作成します。

これらの結果はプログラム開発委員会にフィードバックされ、 「KU 産学官協働高度人材養成会議」(協議の場)での議論を経て、プログラム構成や教員構成の見直し、 プログラム内容等の改善が行われます。このようなPDCAサイクルを展開することにより、 社会との連携を有機的に展開し、実践に活かされる教育プログラムを確立します。

Page Top