ご注意ください
このサイトは[2013年11月5日時点]のものです。

過去の「最新情報」などニュースの閲覧ができるように、2013年11月5日時点のサイトを公開しています。
関西大学ウェブサイトは、2013年11月5日にリニューアルしましたので、
最新の情報は、リニューアルサイトからご覧ください。関西大学ウェブサイト


関西大学の概要


関西大学で学びたい方へ企業・教育関係者の方へ在学生と保護者の方へ卒業生の方へ教職員の方へ

関西大学トップページ |関西大学の概要 |最新情報 |最新情報 記事詳細

クイックサーチ


最新情報 記事詳細

2007年4月から理工学系3学部が誕生

 関西大学では、2007年(平成19年)4月から、現行の工学部をシステム理工学部、環境都市工学部、化学生命工学部の3学部に再編することになりました。入学定員は、システム理工学部が455人、環境都市工学部が295人、化学生命工学部が315人、3学部合計で1065人(現行の工学部の入学定員は1015人)となります。
 既存の法学部、文学部、経済学部、商学部、社会学部、総合情報学部と、同じく2007年度から新設する政策創造学部とあわせ、明年度からは現行の7学部から一挙に10学部体制となります。

 近年、科学技術創造立国をめざすわが国の産業界は、高度化・多様化を図りながらめざましい発展を遂げてきており、大学の理工系学部は社会の動向に迅速に対応して21世紀の科学技術社会に貢献できる優れた学生の輩出を強く要請されています。大学がこれに応えるためには、それぞれの学問領域の特色や個性に根ざしたカリキュラムポリシーやディプロマポリシーを明確にし、柔軟で内実性のある教育体制とその教育基盤を支える充実した研究体制をもつ組織に変革する必要があります。

 本学工学部は、昭和33年に機械工学科、電気工学科、化学工学科および金属工学科の4学科の構成で創設されて以来、科学技術の進展と高度化・多様化する産業社会の変遷に対応して学科を増設してきており、現在では11学科を擁する組織となっています。この間、教育研究内容の整備・拡充を図り、産業界に有為な人材を輩出してきました。

 一方、急変貌を遂げている現代の産業社会において、高等教育における質的な変化と社会のニーズに応え、専門分野ごとの人材育成に関する要求と需要の的確な把握を図るためには、現在の工学部を柔軟性と機動力に富み、迅速に意思決定の行える学部組織に再編する必要があります。

 このような観点から、現在の工学部をシステム理工学部、環境都市工学部および化学生命工学部の3学部に再編することとなりました。これらの学部は、相互に連携しながらも、それぞれの教育の基本コンセプトを明確化し、独自性をもつ教育体制を具備するものとします。また、理工系の基礎教育強化につながる数学・物理学などの理学系分野を包含するほか、新時代産業の発展が期待される情報、環境および生命の各分野を強化しています。
 これら3つの学部内には、教育上の専門分野に基づいて、従来の学科を統合再編した9つの学科を設け、さらに各学科には教育プログラムとしてのコースを設置して、それぞれ個性的なカリキュラムを編成します。

 工学部の再編により、各領域の新しい教育理念と人材育成目標のもとに、時代が求める実質的な教育を実践し、現代科学技術社会が求める有能な人材を養成することとしたいと考えています。

 詳細はこちらをご覧下さい。


06/04/12 15:30 UP