ご注意ください
このサイトは[2013年11月5日時点]のものです。

過去の「最新情報」などニュースの閲覧ができるように、2013年11月5日時点のサイトを公開しています。
関西大学ウェブサイトは、2013年11月5日にリニューアルしましたので、
最新の情報は、リニューアルサイトからご覧ください。関西大学ウェブサイト

KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

大学紹介 大学広報

関西大学ホーム > 大学紹介 > 記者懇談会・研究発表会

2005年4月以降に実施した記者懇談会・研究発表会です。(発表者の職名は開催時のものです。)
ご覧になりたい項目をクリックしてください。

日付 内容
2013.10.30 第93回記者懇談会
大西靖 会計研究科准教授
環境情報開示と企業の社会的評価
田中俊輔 環境都市工学部准教授
多孔性金属錯体の新しい合成法の開発と応用
2013.9.18 第92回記者懇談会
吉田信介 外国語学部教授
国際協働による英語アクティブ・ラーニングの研究
老川典夫 化学生命工学部教授
D-アミノ酸に着目した新規機能性食品の開発
2013.7.12 第91回記者懇談会
浜野潔 経済学部教授
幕末京都の大火とその復興プロセス ―歴史人口学からの接近―
梶川嘉延 システム理工学部教授
ヘッドマウントアクティブ消音システム
―医療従事者を騒音問題から解放する新たな技術!―
石橋章市朗 法学部准教授(特別発表)
ICTを用いた院内活動の広報 ―参議院議員を事例に―
2013.6.5 第90回記者懇談会
西形達明 環境都市工学部教授
文化財に学び、護り、活かす技術
―歴史的地盤構造物の保存と活用―
森下伸也 人間健康学部教授
笑い祭り――日本の宗教と笑い
2013.4.26 第89回記者懇談会
横田直和 法学部教授
経済法の解釈における経済学の活用
安芸重雄 システム理工学部教授
不規則性を調べる―統計的分布論からのアプローチ
このページの先頭へ
日付 内容
2013.3.13 第88回記者懇談会
藤田真一 文学部教授
淀川―文化をつむぐ大動脈―
稲田貢 システム理工学部准教授
ナノ構造間相互作用精密制御装置(PICSN)の開発
〜高機能性物質(人工固体)を創成する〜
2013.1.25 第87回記者懇談会
矢田勝俊 商学部教授
ビッグデータからの価値創造への挑戦―流通業における産学共同研究の事例を通して―
春名匠 化学生命工学部准教授
高強度超微細粒鋼の水素脆化感受性
2012.10.19 第86回記者懇談会
宇都宮浄人 経済学部教授
これからの公共交通−『鉄道復権』(新潮選書)を著して
河井康人 環境都市工学部教授
新型の遮音壁 −布が音を止める?−
2012.9.12 第85回記者懇談会
林能成 社会安全学部准教授
南海地震で役立たせるための緊急地震速報の課題
松島恭治 システム理工学部教授
コンピュータホログラフィによる新たな3D映像の世界
―MITミュージアムでの展示を通して見えてくるもの―
2012.7.13 第84回記者懇談会
村田麻里子 社会学部准教授
なぜミュージアムでマンガを扱うのか―メディア研究の視点から考える―
冬木正彦 環境都市工学部教授
国際競争力に資する専門英語教育システムの開発
2012.5.30 第83回記者懇談会
澤山利広 国際部准教授
東ブータンの遊牧民族のトランス・ヒューマンスを踏まえた開発政策についての考察
石川正司 化学生命工学部教授
将来型高性能蓄電池・キャパシタを可能にする技術−エネルギー効率化社会を目指して−
2012.4.18 第82回記者懇談会
宮本京子 商学部准教授
財務諸表の監査における不正への対処
上村稔大 システム理工学部教授
確率過程論、特に飛躍型マルコフ過程論の研究
このページの先頭へ
日付 内容
2012.3.12 第81回記者懇談会
  • 学内状況説明・情報交換
2012.1.31 第80回記者懇談会
田中謙 法学部教授
たばこ規制をめぐる基本的な視点と今後の法制的課題
安室喜弘 環境都市工学部准教授
3次元画像計測によるヒューマンインタフェース技術〜経頭蓋磁気刺激治療への応用事例より〜
2011.12.16 第79回記者懇談会
富田拓郎 社会学部教授
トラウマ体験とその『意味』−自殺・事故・災害の体験者への調査を実施して−
竹中俊英 化学生命工学部教授
マグネシウム材料の製造とリサイクル〜環境負荷低減を考慮した高性能金属材料の普及をめざして〜
2011.11.1 第78回記者懇談会
門林岳史 文学部准教授
マーシャル・マクルーハンの現代性 生誕100周年を機に
田中俊輔 環境都市工学部助教
ナノサイズのハチの巣構造を備えたカーボン材料―界面活性剤の自己組織化を用いたボトムアップ技術―
2011.9.21 第77回記者懇談会
  • 学内状況説明・情報交換
2011.7.6 第76回記者懇談会
山本敏幸 教育推進部教授
Debate & Beyond・・・<問題解決能力、チームワーク力、リーダーシップ力等の育成といった、高次の社会人基礎力の分野を含むカリキュラム開発・研究>
永松伸吾 社会安全学部准教授
キャッシュ・フォー・ワーク(CFW):震災復興の経済政策
2011.5.27 第75回記者懇談会
熏正博 法学部教授
沖縄米軍基地問題の『表層』と『基層』−−辺野古が問う平和主義−−
高橋智幸 社会安全学部教授
海洋レーダを利用した津波発生検知および津波伝播観測システムの開発
2011.4.6 第74回記者懇談会
山本英一 外国語学部教授
「教育の国際化プログラム」から見えてくるもの
片倉啓雄 化学生命工学部教授
固体連続併行複発酵によるバイオエタノールの生産
越山健治 社会安全学部准教授(特別発表)
大規模災害後の住宅再建と地域復興過程−東日本大震災における今後の論点−
このページの先頭へ
日付 内容
2011.1.31 第73回記者懇談会
燒一彦 社会安全学部准教授
情報法制と企業のコンプライアンスに関する比較研究
青柳誠司 システム理工学部教授
蚊の口針を摸倣したマイクロニードルの作製
2010.12.10 第72回記者懇談会
三島徹也 大学院会計研究科教授
会社分割における債権者保護
平野義明 化学生命工学部教授
再生医療をサポートするペプチド材料
2010.11.01 第71回記者懇談会
池見陽 臨床心理専門職大学院教授
カウンセリングで気持ちはどのようにして変わるのか―この夏の海外講演や著作を通して発信していること
鶴田浩章 環境都市工学部准教授
「コンクリートから人へ」の方針の下でのコンクリート構造物の長寿命化への取組み
2010.9.29 第70回記者懇談会
岩武迴サ 教育推進部助教
大学教育におけるLMSを活用した授業改善と組織的支援
大村泰久 システム理工学部教授
血液脈波のスペクトル解析による非侵襲的アルコール摂取検知
−新手法による飲酒運転防止センサの開発を目的として−
2010.7.21 第69回記者懇談会
新熊隆嘉 経済学部教授
廃棄物貿易の過去・現在・未来−バーゼル条約の改正をめぐって−
上田正人 化学生命工学部准教授
化学・水熱複合処理によるチタン表面の生体活性制御−骨形成の促進と抑制−
2010.6.16 第68回記者懇談会
坂口聡 化学生命工学部准教授
天然型アミノ酸だけを使用して、両鏡像体分子のつくり分けに成功
山名美加 法学部教授
環境保全と知的財産制度の新たなる関係―生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けて―
2010.04.21 第67回記者懇談会
山口誠 社会学部准教授
「若者の海外離れ」という問題
〜『地球の歩き方』の歩き方(新潮社)と『海外旅行の社会学(仮題)』(ちくま新書)を著して〜
このページの先頭へ
日付 タイトル
2010.03.11 第66回記者懇談会
原直也 環境都市工学部准教授
LED照明時代に効果的な照明制御の実現に向けて
志岐幸子 文学部准教授(人間健康学部就任予定者)
トップアスリートの証言を基にした「感性」に関する一見解
―『岡田武史監督と考えた「スポーツと感性」』(日本経済新聞社)を著して―
2010.1.27 第65回記者懇談会
亀井克之 総合情報学部教授(社会安全学部教授就任予定者)
研究テーマの紹介と社会安全学部における研究・教育
―「ワイン・ウォーズ:モンダヴィ事件」からソーシャル・リスクマネジメントへ―
小谷賢太郎 システム理工学部准教授
ハンズフリー目視検査システムの開発
2010.12.7 第64回記者懇談会
河原秀久 化学生命工学部准教授
低温エノキタケ菌糸による肝機能保護作用の発見
2009.10.21 第63回記者懇談会
  • 学長挨拶および大学執行部紹介
  • 学内状況説明・情報交換
2009.9.14 第62回記者懇談会
酒井千絵 社会学部助教
労働と移動の女性化と日本社会―日本―アジア間の国際移動を手がかりに―
長岡康夫 科学生命工学部准教授
遺伝子の運び屋(ベクター)の開発
2009.7.9 第61回記者懇談会
  • 社会安全学部について
  • 人間健康学部について
2009.6.24 第60回記者懇談会
木村麻子 商学部准教授
レピュテーション・マネジメントの基本問題―管理会計の視点から―
秋山孝正 環境都市工学部教授
料金政策を考慮した敏高速道路の交通運用
2009.5.27 第59回記者懇談会
越山和広 大学院法務研究科教授
規制改革と司法競売(抵当権の実行)について
宅間正則 システム理工学部教授
現代技術は、機器・構造物の破損・破壊損事故を未然に防止することはできないのか?―非破壊検査法による構造部材の特性評価と損傷評価の技術開発―
2009.4.22 第58回記者懇談会
陶徳民 文学部教授、内田慶市 外国語学部教授、藤田高夫 文学部教授
『東アジア文化交渉学会』の創立―東アジアの新しい文化像構築のための国際学会―
古池哲也 化学生命工学部准教授
甘くないお砂糖の世界―次世代ポストゲノムの担い手としての生理活性糖鎖―
このページの先頭へ
日付 タイトル
2009.3.16 第57回記者懇談会
友谷知己 文学部准教授
推理小説と演劇美学―中井英夫の場合―
谷弘詞 システム理工学部准教授
高記録密度磁気ディスクの潤滑剤電界印加ディップ塗布法の開発
2009.2.24 第56回記者懇談会
富田知嗣 大学院会計研究科准教授
会計から見た投資家の行動―会計心理学への模索―
岡田芳樹 環境都市工学部教授
ナノ粒子材料が持つ問題点とその解決法
2009.1.23 第55回記者懇談会
西村成弘 商学部准教授
知的財産マネジメントと産学連携―ノーベル賞はどうして生まれたか―
竹下博之 化学生命工学部准教授
高容量水素貯蔵材料の研究開発
2008.12.19 第54回記者懇談会
大橋俊介 システム理工学部准教授
超伝導磁気浮上搬送システムの研究
三枝憲太郎 政策創造学部准教授
イングリッシュ・カントリーサイドの変容―移住による単一化と多様化のプロセス―
2008.11.28 第53回記者懇談会
山崎直樹 外国語教育研究機構教授
知識の仕様を明示してから辞書の記述を考える―オントロジー工学的アプローチ―
経済学部 良永康平ゼミ 3年次生 今野慶彦・石田朋子・植野祐介
ごみ減量に向けて―関西大学と関西地方から考察する―
2008.10.27 第52回記者懇談会
北波道子 経済学部准教授
台湾の公営事業とその民営化について
ノーマン・D・クック 総合情報学部教授
和音とは何か?―ルネッサンス以来の和音に対する感受性の問題が解けた―
2008.9.17 第51回記者懇談会
多賀太 文学部准教授
揺らぐ男のライフコース―男らしさの社会学的研究―
石垣泰輔 環境都市工学部教授
都市型水害による浸水時の避難困難度―避難体験実験による検討―
2008.7.14 第50回記者懇談会
棟安実治 システム理工学部教授
印刷画像へのデータ埋め込みと検出
永田憲史 法学部准教授
死刑選択基準は変化したのか?―光市事件差戻控訴審判決を素材に―
2008.6.26 第49回記者懇談会
柴健次 大学院会計研究科教授
自治体の説明責任の確立と透明性の向上のための公会計研究
川崎英也 化学生命工学部准教授
金ナノ粒子積層基板を用いた環境化学物質の超高感度検出法
2008.5.28 第48回記者懇談会
山口誠 社会学部准教授
記憶はリスクか?「グアムと日本人 戦争を埋め立てた楽園」(岩波新書)を著して
宮崎ひろ志 環境都市工学部専任講師
関西大学でのヒートアイランド調査研究―この暑いの何とかならへんの!―
2008.4.23 第47回記者懇談会
徳永昌弘 商学部准教授
地方からみたロシアの社会変動―「世界地名大辞典」(朝倉書店)の執筆を通じて―
田地川勉 システム理工学部専任講師
実形状生体機能モデリングによる循環器系・呼吸器系の微視的現象の解明と医療応用
このページの先頭へ
日付 タイトル
2008.3.5 第46回記者懇談会
古田均 総合情報学部教授・田中成典 総合情報学部教授
社会基盤情報に関する産官学の教育研究実績
鵜飼康東 総合情報学部教授
迷惑メールによる国民経済的損失の推計
江川直樹 環境都市工学部教授・北詰恵一 環境都市工学部准教授
関西大学地域再生センターの設立
2008.1.28 第45回記者懇談会
清水崇 経済学部准教授
貨幣とは何か
岩崎泰彦 化学生命工学部准教授
細胞の“顔”を識別するナノマテリアル
2007.12.19 研究発表会
森隆男 文学部教授
田園都市「千里山住宅地」の夢とその後
北詰恵一 環境都市工学部准教授
社会基盤事業のリスクマネジメント
2007.11.21 研究発表会
柄谷利恵子 政策創造学部教授
国際関係論と移動する人:「動く主体」がつくりだす国際関係論
淺川誠 システム理工学部准教授
高性能テラヘルツ光源をつくる
2007.10.3 第44回記者懇談会
谷本奈穂 総合学部准教授
美容整形を考える
大洞康嗣 化学生命工学部准教授
有機分子認識能を有するナノカプセル金属化合物―触媒反応への利用を目指して―
2007.9.19 研究発表会
守如子 社会学部専任講師
マンガとジェンダー―マンガ表現論の視点から―
江川直樹 環境都市工学部教授
タウンスケープをつくる団地再生―親空性と親街路性の視点から―
2007.7.4 第43回記者懇談会
長谷川伸 商学部准教授
ブラジル・ウジミナスへの日本型技術移転―現場主義・媒介者・共同体験―
池内俊彦 化学生命工学部教授
小胞体ストレス型アポトーシス機構の研究―アポトーシスを引き起こす環境汚染化学物質「環境アポトジェン」について―
2007.6.15 研究発表会
坂口順也 大学院会計研究科准教授
企業間マネジメントのための管理会計―効果的な企業間コラボレーションのために―
橋寺知子 環境都市工学部准教授
近代建築の保存と再生 大阪府近代遺産(建造物等)総合調査を通して
吹田浩 文学部教授
古代エジプトの壁画を剥ぎ取りで修復する―サッカラ・ギザ地域での日本と世界の技術―
2007.5.16 第42回記者懇談会
原田輝彦 政策創造学部教授
ドイモイ(刷新)政策導入後のベトナムに於ける資本・金融自由化政策概観
山本恭史 システム理工学部専任講師
数値シミュレーションによる界面上濃度分布推定―計測れない量を推測る―
2007.4.18 研究発表会
本西泰三 経済学部教授
アジアにおける為替レートの「ずれ」を測る
長岡康夫 化学生命工学部准教授
イチョウ葉に含まれる育毛活性成分
このページの先頭へ
日付 タイトル
2007.3.12 第41回記者懇談会
豊田真穂 文学部専任講師
占領改革が遺したもの―アメリカ占領下日本における女性労働改革―
井ノ口弘昭 工学部助手
自動車交通対策についての環境負荷削減効果の推計
2007.1.29 第40回記者懇談会
大倉雄次郎 商学部教授
企業価値とCSR
倉田純一 工学部助教授
「生きる」ことを支援する生活支援工学の構築へ向けて
2006.12.6 研究発表会
杉谷眞佐子 外国語教育研究機構教授
欧州統合と「欧州言語ポートフォリオ」―ドイツにおける外国語教育政策の展開―
原田美由紀 工学部助手
液晶構造の導入によるエポキシ系ネットワークポリマーの高機能化
2006.11.15 研究発表会
大和正史 法科大学院教授、木村哲也 法科大学院教授
日本司法支援センター(法テラス)の現状と課題
春名匠 工学部助教授
フッ素化物水溶液中で耐食性を示すチタン合金の開発
2006.10.20 第39回記者懇談会
山本冬彦 文学部教授
地球からの教育改革
2006.7.5 第38回記者懇談会
岡本哲和 総合情報学部教授
サイバーベースにおける選挙
中原住雄 工学部助教授
ホログラフィによる交通情報伝達システム
2006.5.17 研究発表会
羽原敬二 商学部教授
テロリズムリスクマネジメント―核テロリズムの防止とセキュリティについて―
松島恭治 工学部助教授
デジタル合成ホログラムがひらく3次元立体画像の世界―近未来の立体映像技術を目指して―
このページの先頭へ
日付 タイトル
2005.12.7 研究発表会
森岡孝二 経済学部教授
ニューエコノミーと過重労働―「働きすぎの時代」(岩波新書)を著して―
小谷賢太郎 工学部助教授
認証システムのセキュリティ向上を目指して
2005.11.9 研究発表会
孝忠延夫 法学部教授
「憲法とマイノリティ」研究―「インド憲法」の研究を手がかりとして―
仲川勇二 総合情報学部教授
ホープ:TOPIXに連動しプラスアルファを生み出すファンド作成のための離散最適化法
2005.10.5 第37回記者懇談会
三谷真 商学部助教授
地域連携とフィールドワーク―学生たちが見た商店街―
馬場昌子 工学部専任講師
「福祉のまちづくり条例」の実化の検証―大東市における各種建物の条例適合状況―
2005.9.7 研究発表会
煖エ隆博 文学部教授
なにわ・大阪文化遺産学研究―伝統文化への新しい視座―
田實佳郎 工学部教授
光弾性定数測定装置の開発(薄膜フィルム用) 「くっきり、はっきり」液晶デイスプレイの高精細化への道をひらく
2005.7.6 第36回記者懇談会
藤田高夫 文学部教授
東アジアにおける文化情報の発信と受容
大内辰郎 工学部教授
持続可能社会を先導する物質群の革新的開拓
2005.6.1 研究発表会
吹田浩 文学部教授
古代エジプトの地下埋葬室の壁画を修復する―日本のはぎ取り技術をサッカラの『世界遺産』へ―
多川則男 工学部教授
ユビキタス社会を支えるテラビット級超高密度情報記憶システムのための革新的ナノテクノロジーの開発
2005.5.11 研究発表会
山住勝広 文学部教授
人間活動の新たなデザインに挑む―人間活動理論研究センターを創る―
村田忠彦 総合情報学部助教授
政策グリッドコンピューティング実験センターによる文理融合研究の推進
2005.4.13 第35回記者懇談会
久保宏之 法科大学院教授
日本・中国・韓国を結んだ法実務教育の連携
石井康敬 工学部教授
環境調和型新酸化技術の開発と工業化
このページの先頭へ

2004年度

.
日付 タイトル
2004.12.20 第34回記者懇談会
古田均 総合情報学部教授
社会インフラ(社会資本)の維持管理のための新しい試み
齋藤栄二 外国語教育研究機構教授
優れた英語教師を育成する−英語の授業レベルアップのための体制づくり−
2004.10.4 第33回記者懇談会
黒上晴夫 総合情報学部教授
転換期の教育現場を支援する
冬木正彦 工学部教授
IT活用による高等教育の諸問題解決への取組−教育方法、コンテンツ制作法、支援システム−
2004.7.21 第32回記者懇談会
木下智史 法科大学院教授
法科大学院教育と地域に根ざしたリーガル・サービスの提供
田村裕 工学部助教授
ゼラチンの新たな繊維化技術−常識はずれの繊維化手法ー
2004.4.21 第31回記者懇談会
鵜飼康東 総合情報学部教授
公的金融機関の情報化と人的資本および組織の相互依存関係
大場謙吉 工学部教授
医工薬連携研究センターにおける先端的研究
このページの先頭へ

2003年度

.
日付 タイトル
2004.2.18 第30回記者懇談会
薮田貫 文学部教授
蘇える長崎唐人屋敷−『長崎唐館図集成』刊行によせて−
河原秀久 工学部助教授
蕎麦殻抽出物中のα-アミラーゼ阻害剤(抗糖尿病予防剤)
2003.9.5 第29回記者懇談会
山住勝広 文学部助教授
ニュースクールをつくりだす
石川正司 工学部助教授
将来型電気エネルギー社会を支える「キャパシタ型蓄電デバイス」の材料開発
2003.5.15 第28回記者懇談会
大津留智恵子 法学部教授
危機下のアメリカ民主主義
前田裕 工学部教授
同時摂動型最適化法とその応用−学習する半導体回路を目指して−
このページの先頭へ

2002年度

.
日付 タイトル
2003.2.20 第27回記者懇談会
鵜飼康東 総合情報学部教授
銀行業情報システム投資の経済分析
荒地良典 工学部助手
大型放射光を用いた電池材料開発−イオンの動きとミクロな構造との関係を探る−
2002.11.25 第26回記者懇談会
岡田博美 工学部教授
堀井康史 総合情報学部助教授
車載コンピュ−タ間情報ネットワーク技術−車載通信技術で車はどこまで賢くなる?−
2002.6.19 第25回記者懇談会
宮田隆志 工学部助教授
知能をもったソフトマテリアル−肝細胞癌マーカーや環境ホルモンを認識して応答するゲル−
竹内理 外国語教育研究機構教授
達人たちの外国語学習法−外国語教育学からのアプローチ−
このページの先頭へ

2001年度

.
日付 タイトル
2002.3.14 第24回記者懇談会
名取良太 総合情報学部専任講師
地方自治体の財政再建と政策決定者の意識
大嶋泰治 工学部教授
動くゲノム遺伝子と発生分化機構解明への曙光
石井康敬 工学部教授
環境負荷のないナイロン原料の新合成法の開発
2001.10.23 第23回記者懇談会
齊藤了文 社会学部教授
科学技術と工学倫理
松村吉信 工学部専任講師
ステンレス鋼を破壊する微生物とその防止法の開発
2001.6.26 第22回記者懇談会
川上智子 商学部専任講師
組織の「緩やかな分化」と製品イノベーション−国内白物家電産業に関する実証分析−
田村裕 工学部助教授
バクテリアによる新規多糖合成技術の開発−バクテリアセルロースの機能化と直接成形化−
このページの先頭へ

2000年度

.
日付 タイトル
2001.3.13 第21回記者懇談会
林宏昭 経済学部教授
分権社会に相応しい地方財政制度の確立を−国と地方の財政再建−
倉田純一 工学部助教授
知覚色情報の計測・制御分野への応用
2000.9.21 第20回記者懇談会
田中俊也 文学部教授
知識についての考え方と教室でのコンピュータ利用に関する国際比較
上里新一 工学部教授
お茶に含まれるカテキン類の生物機能の高度化とその産業への応用
2000.5.24 第19回記者懇談会
山野博史 法学部教授
発掘 司馬遼太郎
幸塚広光 工学部助教授
ゾル-ゲル法により作製される機能性セラミックコーティング膜の厚膜化
このページの先頭へ

1999年度

.
日付 タイトル
2000.3.9 第18回記者懇談会
上島紳一 総合情報学部教授
柔らかな情報ベースをつくる
林順一 工学部専任講師
食品廃棄物を原料とした活性炭の製造
1999.10.19 第17回記者懇談会
寺嶋繁典 社会学部教授
小児ストレス性疾患の治療と予防における臨床心理学的実践研究
堂垣正博 工学部教授
鋼構造の強度設計と耐震設計
1999.6.3 第16回記者懇談会
柴健次 商学部教授
相場変動とリスクの会計学
池田勝彦 工学部助教授
チタン合金、高齢化社会への応用
このページの先頭へ

1998年度

.
日付 タイトル
1999.3.30 第15回記者懇談会
橋本恭之 経済学部助教授
税制改革の応用一般均衡分析
前田裕 工学部助教授
クッキリ、スッキリ、新技法−同時摂動型最適化法とその応用−
1999.1.20 第14回記者懇談会
陶徳民 文学部助教授
大阪の学術文化の伝統と地位を国際的視野で考える
山本秀樹 工学部助教授
半導体製造工程から排出される三フッ化窒素の無害化除去システムの開発
1998.10.20 第13回記者懇談会
植木哲 法学部教授
損害賠償法の現代化から鴎外の恋人探しへ
新井泰彦 工学部助教授
人体計測からマイクロマシンの計測まで
1998.7.16 第12回記者懇談会
久保田賢一 総合情報学部教授
通信衛星、ネットワークを活用した遠隔・協同学習に関する研究
大矢裕一 工学部助教授
高分子を運び手として制癌剤を癌細胞に集中的に運ぶ
1998.5.19 第11回記者懇談会
土田昭司 社会学部教授
日本人のリスク認知について
楠見晴重 工学部助教授
岩盤斜面の崩壊機構に関する研究
このページの先頭へ

1997年度

.
日付 タイトル
1998.3.5 第10回記者懇談会
羽原敬二 商学部教授
宇宙開発事業におけるリスクマネジメント
河原秀久 工学部助教授
微生物が生産する核形成制御タンパク質について
1997.10.8 第9回記者懇談会
長久領壱 経済学部教授
エコノミックデザイン−市場をキーワードに社会を考える−
関眞佐子 工学部助教授
微小血管内の血液流れの流体力学的研究
1997.7.24 第8回記者懇談会
高橋隆博 文学部教授
アジアから日本を考える
青田浩幸 工学部専任講師
太陽光エネルギーを効率よく電気および化学エネルギーに変換するための分子素子の開発
1997.5.20 第7回記者懇談会
園田寿 法学部教授
インターネットとわいせつ情報
関口理久子 社会学部助教授
記憶と海馬
このページの先頭へ

1996年度

.
日付 タイトル
1997.3.3 第6回記者懇談会
高橋望 商学部教授
国際ハブ空港の機能と性格
坂野昌弘 工学部助教授
300年橋の疲労設計について
1996.10.22 第5回記者懇談会
永井良和 社会学部助教授
都市の視線−尾行者の街角−
宮田隆志 工学部専任講師
エネルギ−資源利用のための分離膜
1996.7.4 第4回記者懇談会
大谷憲司 経済学部教授
現代人口学の重要課題−出生力研究=最近の結婚出生行動=
中原住雄 工学部助教授
材料の変形破壊に伴う新生破面からの電子・イオン・光子放射−電子・イオン・光子放射から材料破壊を推定する−
1996.5.30 第3回記者懇談会
木庭元晴 文学部教授
徐々に沈降するマーシャル環礁群にみられる3500年前の高海面
山名(岩田)年浩 総合情報学部教授
やればやるほど成果の上がる授業とは
1996.4.16 第2回記者懇談会
坂元茂樹 法学部教授
日韓併合条約の効力問題
排他的経済水域設定にふみきる日本の対応
土戸哲明 工学部教授
バクテリアの泳ぎで環境汚染を測る−細菌運動の動画像解析を用いるあたらしいバイオモニタリング法の開発−
このページの先頭へ

1995年度

.
日付 タイトル
1996.1.23 第1回記者懇談会
引原隆士 工学部助教授
高温超電導磁気浮上系とカオス
小田原敏 総合情報学部助教授
多メディア化と多モード化
このページの先頭へ
このページの先頭へ
.