KANSAI UNIVERSITY

関西大学のスポーツ史

HOME スポーツ史 大正〜昭和前期 矢柴春雄選手(左)と津田晴一郎選手(右) (陸上競技部)

矢柴春雄選手(左)と津田晴一郎選手(右) (陸上競技部)

矢柴春雄、津田晴一郎両選手は、ともに本学予科在学中に昭和2年上海で開催された
第8回極東オリンピックに出場しました。矢柴選手は800メートルで2位に入賞、津田選手は、1500メートルで優勝しました。
この写真は、大正15年8月に完成した、当時東洋一と称された本学のグラウンドで撮影されたものです。
(現在、その跡地に総合図書館や、尚文館が建てられています。)

KにUの字を重ねたマークは、陸上競技部の部章です。
Kansai University を表すとともにUの字にUNION (親和)の意味も込められています。
画面右上に少し見えている建物は、昭和2年3月に竣成した大学本館の八角ドームです。

年表に戻る