KANSAI UNIVERSITY

収蔵資料

HOME 収蔵資料 05 昭和時代前期(1926〜) 詳細

収蔵資料

 関西大学第二商業学校は、高等小学校卒業者を対象とし、修業年限3年、夜間に授業を行う学校として大正13年(1924)春に開設された。最初は福島学舎で授業を行ったが、昭和4年(1929)の天六学舎竣成とともに、専門部や関西大学甲種商業学校などと一緒に天六学舎へ移転した。
 この入学志願者心得は昭和12年度(1937)のもので、1学年4学級の生徒を募集している。願書受付期間は2月12日から3月24日まで。志願者は入学願書に自筆履歴書、出身学校長の調査書に受験料3円を添えて提出する。試験日は3月25日か26日で(どちらかを選択)、口頭試問(高等小学校卒業程度の国史)と人物考査、体格検査が行われ、合格発表は27日午後4時。入学式は4月5日に挙行されることが記されている。
 学費は、授業料(年額)60円(第1学期分は22円)、学友会基本金1円(1回限り)、学友会費(年額)3円30銭(第1学期分は1円20銭)、校費2円(年額)であった。