KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 > トピックス > トピックス(詳細)

トピックス(詳細)

奈良県明日香村が主催する「飛鳥光の回廊2017」に本学学生がボランティアとして参加しました。

  23日と24日の2日間、奈良県明日香村にて開催された「飛鳥光の回廊2017」に、本学学生がボランティアとして参加しました。

  本ボランティア活動は、明日香村との地域連携協定(2006年締結)に基づく事業の一環として2011年から開始し、今年で7年目を迎えました。「飛鳥光の回廊」は、石舞台古墳をはじめ、飛鳥寺などの明日香村内の代表的な史跡、寺社、施設をライトアップし、さらには20,000本を超えるろうそくの灯りで光の地上絵を表現するなど、村を光で包む幻想的な催しです。今年は「彼岸花まつり2017」も同時開催し、真っ赤な彼岸花とろうそくの光で明日香村を彩りました。

  運営スタッフとして参加した学生は、石舞台古墳周辺および島庄大字の通路を飾る灯ろうのデザイン、配置、製作、ろうそくの点火などを担当。今年度の光の地上絵は、全体テーマ「明日香に咲く、輝きの花」のもと、「四季の花と風景」をイメージしてデザインを作成しました。石舞台古墳の周辺では、色鮮やかなチューリップや朝顔、彼岸花、椿など数々の地上絵が輝きました。また、四季の花以外にもウサギが餅つきをする様子など、学生ならではのデザインで明日香村の夜に光の彩りを添えました。
  参加した学生は「企画や当日の活動では大変な事もありましたが、普段の学生生活では体験できないような充実した時間を地域の方々とともに過ごすことができました。さらに多くの関大生に是非参加して欲しいです」と感想を述べました。
  ボランティアセンターでは、学生のボランティア参加のきっかけとなるようなプログラムをさまざまな形で実施しています。詳しくは、ボランティアセンターウェブサイトをご覧ください。

ボランティアセンターウェブサイト

飛鳥光の回廊飛鳥光の回廊飛鳥光の回廊飛鳥光の回廊飛鳥光の回廊

2017/09/29/ 10:50 UP

このページの先頭へ