KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 >  > トピックス(詳細)2016年度

トピックス(詳細)2016年度

関西大学博物館で「第2回関西大学建築学科卒業設計展覧会」を開催しました。

千里山キャンパス関西大学博物館で20日から22日の3日間、「第2回 関西大学建築学科卒業設計展覧会」を開催しました。

本展覧会では、環境都市工学部建築学科の学生たちが4年間で培った技術・知識を駆使した作品を展示。学生らが長期間にわたって制作した作品には、大阪市福島区の下町風景を保存しながら、新しいライフスタイルを提案する「都市型下町」や、上町台地の地形を生かし、外国人と街を融和させた新しい住環境を提案する「結楼」など、さまざまなこだわりが込められました。

自身が身近な大阪・梅田周辺地域をよく知らないことに気づいたのがきっかけで、「都市型下町」を制作したと話す中原比香莉さん(環境都市工学部4年次生)は、「梅田から少し歩くと昔ながらの風景が残る場所がたくさんあります。都市化の波を止めることは誰にもできませんが、子どもたちの声が響くような下町風景を守りながら、街の良さを取り入れた、新しい暮らしの提案を考えました」と、作品への思いを語りました。

建築学科卒業設計展覧会
中原比香莉さん(環境都市工学部4年次生)と「都市型下町」の模型
建築学科卒業設計展覧会
「結楼」の模型
建築学科卒業設計展覧会

2017/02/24/ 11:00 UP

このページの先頭へ