KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 >  > トピックス(詳細)2016年度

トピックス(詳細)2016年度

創立130周年記念式典および祝賀会を開催しました。

本日2016年11月4日、本学は創立130周年を迎えました。
同日千里山キャンパスでは記念式典および祝賀会を挙行し、来賓・大学関係者ら約800人が佳節を祝いました。

式典では、創立150周年、すなわち次なる20年に向けての行動指針「Kandai Vision 150」を策定したことを発表。「多様性の時代を、関西大学はいかに生き抜き、先導すべきか」をメインテーマに設定し、今後ますます本学を取り巻く環境が厳しくなるとの認識のもと、将来を見据え、よりスケールの大きなビジョンを描きました。
池内啓三理事長は、130周年を迎えた謝意や決意を表するとともに、「肝心なのはこの130周年が、未来に向けた出発点となること。予測困難な時代にあって、未来を問い、対話を重ね、答えを模索し、挑戦する。そんな姿こそ、我々がめざす将来像だ」と、本学の更なる発展に向けて力強く宣言し、本学構成員が一丸となって、より輝ける「未来」を志向していくことを誓いました。

また、大坪文雄氏(パナソニック株式会社特別顧問)や南部靖之氏(パソナグループ代表取締役 グループ代表)、宮根誠司氏(フリーアナウンサー)、桂文枝氏(落語家・公益社団法人 上方落語協会会長)、岩田稔氏(阪神タイガース)、又吉直樹氏(第153回芥川賞受賞『火花』)ら、各界で活躍する本学校友からもビデオメッセージを頂戴し、さらには本学OBで、国登録有形文化財である山本能楽堂・山本章弘氏ならびに、同氏と親しく第一線で活躍中の能楽師・野村萬斎氏による特別公演(能楽)が上演され、式典に華が添えられました。

本学の前身である関西法律学校は、1886(明治19)年11月4日、12人の創立者によって大阪西区京町堀の願宗寺において開校。建学の精神「正義を権力より護れ」、学是「学の実化(じつげ)」を指針とし、130年にわたり目まぐるしく移り変わる時代の変容と社会のニーズに対応しながら、現在では13学部、13研究科、3専門職大学院、1留学生別科、そして8つの併設校を擁する総合学園へと発展しました。

このたびの創立130周年記念事業では、「伝統への自信 未来への考動~『学縁』を世界に広げよう~」をコンセプトに、本学が持つ教育・研究機能の充実・拡充に着手。大阪文化の検証と次世代への継承に取り組む研究拠点「なにわ大阪研究センター」や、産学連携による新たなイノベーションの創出拠点「イノベーション創生センター」の設立をはじめ、都心型の新キャンパス「梅田キャンパス"KANDAI Me RISE"」を開設しました。また、「グローバルフロンティアプログラム(KUGF)」の開発・提供による次世代グローバルリーダーの育成、「学縁」給付奨学金制度の構築にも取り組み、そのほかにも各界のゲストをお招きした講演会やシンポジウムを開催するなど、本学伝統の歴史に新たなページがしっかりと刻みこまれました。

『この伝統を、超える未来を。』 本学はこれからも教育、研究、学生サービスの一層の充実、そして「チーム関大」としての連携強化に努め、社会の要請に応える学園の創出に邁進していきます。
「Kandai Vision 150」の詳細
創立130周年記念事業の詳細

創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典
創立130周年記念式典

2016/11/04/ 17:00 UP

このページの先頭へ