KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 >  > トピックス(詳細)2016年度

トピックス(詳細)2016年度

「大阪初の世界文化遺産をめざす『もず・ふるいち古墳群』を体験しよう!」を開催しました。

グランフロント大阪ナレッジキャピタル「The Lab.」で20日と21日、総合情報学部AMD(Art×Media×Design)プロジェクトが、百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議(大阪府、堺市、羽曳野市、藤井寺市)ならびに大阪府立近つ飛鳥博物館との連携イベント、「大阪初の世界文化遺産をめざす『もず・ふるいち古墳群』を体感しよう!」を開催しました。

本イベントでは、百舌鳥・古市古墳群について理解を深め、大阪初の世界遺産登録に向けた取り組みを身近に感じてもらうことを目的に、VisLab OSAKAの協力のもと、幅広い世代の人々に向けてさまざまな催しが行われました。

展示会場では、仁徳天皇陵古墳築造当時のジオラマ映像を上映したほか、スマートフォンで古墳群を上空から全方位360°見渡すことができる「ハコスコ体験」や、一須賀古墳群から出土した状態を忠実に再現した土器パズルによる土器復元体験などを実施。また「もずふる教室」では、世界遺産登録までの流れと国内外の登録例を紹介し、百舌鳥・古市古墳群の歴史や文化的価値について解説しました。

もず・ふるいち古墳群
もず・ふるいち古墳群
もず・ふるいち古墳群

2016/08/25/ 09:30 UP

このページの先頭へ