KANSAI UNIVERSITY
  1. HOME
  2. 連載企画
  3. 特別演習通信(2016年度)
  4. 特別演習通信 2016年度Vol.7(特別演習のねらい!?)

連載企画

2016/08/19 

特別演習通信 2016年度Vol.7(特別演習のねらい!?)

これまでの特別演習通信(Vol.2~6)では、今年度の特別演習のレギュラークラスについて、ご紹介してきましたが、今回は、その特別演習のねらいについて、ご紹介します。

いきなりですが、受験生の皆さんは、将来目指すであろう実務家(弁護士、検察官、裁判官)になるために必要な能力とは、どんな能力だと思われますか?

饒舌であること?         

依頼者とコミュニケーションがとること?                                          

法律の知識がたくさんあること?

など、いろいろ考えられることと思いますが、

本学のアカデミック・アドバイザーの先生方いわく、一般的には主に以下の3つの能力が必要とされているようです。

法的知識

 ・各法律が採用している価値観や基本的な制度に関する知識

文書作成能力                                                         

 ・法的知識を的確に文章で説明し、分かりやすい文章でまとめることができる能力

事案分析・事案整理能力  

 ・複雑な事案であっても的確に整理し、法的意味づけをしながら整理することができる能力

特別演習では、それぞれの能力を身につけるために、次の講座を開設しています。

① 法的知識を身につけたいあなたは、  

  科目別特別演習<基礎知識マスタークラス>がオススメ!

② 文書作成能力を身につけたいあなたは、  

  論文基礎力修得講座がオススメ!

③ 事案分析能力・事案整理能力を身につけたいあなたは、                                      

  過去問解説講座がオススメ!

次回は、2016年度の特別クラスについて、ご紹介します。

このページの先頭へ戻る