KANSAI UNIVERSITY
  1. HOME
  2. 研究科紹介
  3. 法科大学院等形成支援プログラム

研究科紹介

法科大学院等形成支援プログラム

概要

「司法過疎問題解消に貢献する法曹の養成」


島根県大田市での出張法律相談

 法科大学院等形成支援プログラムとは、文部科学省において、優れた教育を行う法科大学院をはじめとする専門職大学院に予算を重点配分し、その教育を支援・推進するものです。法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム「実践的教育推進プログラム」に、本学が提出した「司法過疎問題解消に貢献する法曹の養成」プログラムが採択されました。
 「司法過疎問題解消に貢献する法曹の養成」プログラムは、2005年度から本格的に始動しています。

活動内容

出張法律相談

 夏季休暇期間中の出張法律相談として、2017年8月21日(月)に、島根県大田市で計10件の法律相談を実施しました。この相談には院生15人が参加しました。

 また、2017年8月28日(月)には、高知県安芸市で計9件の法律相談を実施しました。この相談には院生11人が参加しました。

 また、2017年8月24日(木)には、兵庫県宍粟市で計15件の法律相談を実施しました。この相談には院生11人が参加しました。

このページの先頭へ戻る

研究科紹介

  • 研究科長からのメッセージ
  • 教育理念
  • 基本情報
  • 数字で見る法科大学院
  • 施設・設備
  • 無料法律相談
  • 専門職大学院等教育推進プログラム
  • 法科大学院等形成支援プログラム