KANSAI UNIVERSITY

教員採用試験

HOME > 教員採用試験 > 教員採用試験について

教員採用試験について

公立学校

公立学校の教員になるためには、各都道府県または市の教育委員会が実施する公立学校教員採用試験に合格し、採用候補者の名簿に登録されなければなりません。そしてこの名簿の中からその年度の欠員状況、教員組織の状況などを考慮して選定し、健康診断など所定の手続きを経た上で採用が決定されます。

つまり、採用試験に合格したからといって、それで公立学校の教員になれるということではありません。

採用試験は、例年概ね7~8月頃を中心に実施されています。採用試験の実施要項等の詳細については、次のリンク先から各都道府県教育委員会のホームページを確認してください。

なお、本学では例年5月に大阪府・市、京都府・市、兵庫県、神戸市等の教員採用説明会を開催していますので、希望者はインフォメーションシステムのお知らせを確認して参加してください。

私立学校

教職支援センターに求人のあったものについては、募集一覧に掲載しますので確認のうえ応募してください。

また、東京、愛知、静岡、兵庫、広島などでは、教員適性検査によって受験者を名簿に登載し、各学校法人がそのリストの中から選び、面接、採用するといった方法を実施しています。

私立学校の教員採用情報は、次のリンク先から確認してください。