KANSAI UNIVERSITY

関西大学

KU SMART PROJECT

プロジェクトの意義

関西大学で開発された「関大メディカルポリマー(KUMP)
基軸とし、3つのM(Materials, Mechanics, Medicine)
「人に届く」医療器材および治療・診断システムを
開発して社会に貢献したい

関西大学では、先端科学技術推進機構に設置された医工薬連携研究センターにおいて、医療の進歩のための革新的技術の開発に寄与するべく、関大で開発されたメディカルポリマー(KUMP)を活用した医療器材の開発と人材育成にも努めています。
現在の日本では、研究から実用化への流れがスムーズではないという一面があります。そこで私たちは、材料化学者(Materials Chemists)、機械工学者(Mechanical Engineers)および臨床医(Medical Doctors)の間の垣根を取り払い、同じ目標を持って研究を進めることが必要だと考えました。
そして機は熟したと考えています。材料化学者および機械工学者と臨床医の三者が、自分の立場だけから意見を言い合う一方通行のやり取りではなく、お互いに、現状と課題を知る機会を重ね、ようやく同じ目標と問題意識を持って研究を進める基盤ができつつあります。
本プロジェクトでは、現在日本が抱えている医療における問題を打破するため、関大メディカルポリマーを設計・合成する私たち材料化学者と、そのデバイス化・システム化を実現する機械工学者が連携し、現場の臨床医からのニーズを受けて研究を進め、3つのM(Materials, Mechanics, Medicine)で「人(患者と臨床医)に届く」医療器材を開発します。
私たちの研究が、実際に商品化され、本当の意味で患者さんの負担の軽減に寄与できるように、また、ニッポンが、そして関西大学が、得意とする「ものづくり」が、いかに医療に貢献できるかを広く社会に向けて発信して日本の産業の現場を元気にするように、全学的に展開して参ります。

センター長画像 医工薬連携研究センター長 化学生命工学部 教授 大矢 裕一
ページトップへ戻る