KANSAI UNIVERSITY

HOME > 学校インターンシップとは

学校インターンシップとは

学校インターンシップとは

通常、インターンシップというと、企業や行政における就業体験をイメージするかもしれません。関西大学ではその学校版−教職志望者にも学校現場を知る機会があるべきではないか−という考えのもと、2003年度より学校インターンシップを進めてきました。

当初は教職志望者のためにと始められた学校インターンシップですが、実際に現場で研修を積んだ学生は、自分よりも年少の子どもたちと接することで、「大人」としての自覚と責任を身につけてキャンパスに戻ってきました。

大学生が学校現場を体験することは、教職志望者だけではなく全ての学生にとって「人間性を成長させる」大学教育なのではないかという発見のもと、学校インターンシップは教職志望者に限らず、そうでない学生にも幅広く門戸を開いて実施している就業体験プログラムです。

学校インターンシッププログラムは平成17年度 文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」に採択され、平成21年3月まで特色GPプログラムとして文部科学省のサポートを受けて運営してきました。特色GPプログラム終了後も、更なる飛躍を目指して新たな学校インターンシップとして生まれ変わるように取り組みを続けていきます。

  • お問い合わせ
  • サイトマップ