KANSAI UNIVERSITY

関西大学の高大連携事業とは

高大連携コンセプト

関西大学では、より充実した教育活動を展開していくために、これまでの入学試験という「点」から高等学校との連携という「線」への転換を新たに企画し、2003年に高大連携推進事務室(現 高大連携センター)を開設しました。
本学の高大連携事業は、「次代の人材育成」を目標に掲げ、高校生を対象としたプログラムをはじめ、小・中学生や教職員など、幅広い年代を対象に「大学の知」を生かした連携プログラムを提供し、教育の充実・発展および人材育成に寄与したいと考えています。

高大連携ポリシー

1
大学で行われる教育・研究に触れる機会を提供し、高校生等が大学の教育内容への理解を深め、さまざまな学問領域への興味・関心を喚起することにより、アカデミックな学習、研究意欲を高め、進路選択や将来についての意識の向上につなげる。
2
小・中学生に対しても大学の講義や最先端の研究、実験、技術に触れる機会を提供することにより、学ぶことへの関心を高め、将来の職業、進路、未来に対する夢と希望を育むとともに、創造性豊かな人材の育成に寄与する。
3
初等・中等教育の現場で教員の仕事の補助活動を行う機会を大学生に提供することにより、学生個々の人間形成とキャリア形成を促し、資質の高い教員の養成及び社会のニーズに応えうる有為な人材の育成に資する。
4
教育委員会、学校・園と大学相互の教育活動の交流を通じて、各々の教育活動や立場の相互理解を深めるとともに、教育上の諸課題を共有し、これに適切に対応することにより、双方の教育並びに研究等の充実及び発展に資する。

センター長のメッセージ

関西大学高大連携センターホームページにようこそ。
現在、社会貢献は大学の重要な使命です。研究機関としての大学が研究課題を社会のなかに見出し、研究成果を社会に還元し、教育機関としての大学が地域社会とともに若い世代を育てる場であることを思えば、それは当然のことでありましょう。高校等の教育機関と大学を結ぶ高大連携の事業もその一環であり、関西大学では2003年度より、大学教員による出張講義や大学の授業に高校生を受け入れる等、高校生を対象とした各種のセミナーをはじめ、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、支援学校などへ本学学生を派遣する「学校インターンシップ」、現職の教職員の方を対象とした「教職員対象研修講座」などのプログラムを積極的に展開しております。
これらの取組を通して、学校や年代の枠を超えた人たちに大学を開き、その交流をとおして課題を共有することで、豊かな教育環境の創出と明日を担う人材の育成に貢献してまいる所存です。
今後とも高大連携センターの取組にご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

高大連携センター長 品川 哲彦

ページTOPへ戻る