国際研究集会



「文化財保存修復研究拠点」(ICP)の活動は、「国際文化財・文化研究センター」(CHC)に引き継がれました。

国際シンポジウム

2012年度 国際シンポジウム
「世界の壁画修復の最前線」 2012/11/11

2012年11月11日(日)に国際シンポジウムを行いました。
また、当日は拠点メンバーによるポスター発表も行われました。

多くの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

Mr.Kamal poster session

Dr.Sawada


日時
2012年11月11日(日)
場所
関西大学尚文館 1階マルチメディアAV大教室
使用言語
英語(同時通訳あり)
聴講
無料(出入り自由)


また今回の国際シンポジウムで、「2011年エジプト革命後のエジプトの政治状況と文化財」として、革命後のエジプトの状況や文化財への影響についてお話し頂いたアル・アハラム新聞編集主幹のカマル・ガバラ氏が、翌月曜日に東京の外国人記者クラブと日本記者クラブにおいても講演をされました。

こちらをご覧ください

案内ポスター(PDF)

ポスター解説プログラム(PDF)