ICP関西大学文化財保存修復研究拠点


「文化財保存修復研究拠点」(ICP)の活動は、「国際文化財・文化研究センター」(CHC)に引き継がれました。

ICP 文化財保存修復研究拠点

サッカラ遺跡

平成20年度(2008年度)に関西大学において「文化財保存修復研究拠点」(Institute for Conservation and Restoration of Cultural Properties)を設立いたしました。このプロジェクトは、文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の採択を受けたもので、平成24年度(2012年度)までの5年間の計画で研究を始めております。

プロジェクトの目的は、古代エジプト時代の文化財を主な対象として、文化財の保存や修復の方法、活用の方法を多面的に研究するものです。エジプトのサッカラ地域にあるイドゥートの地下埋葬室の壁画を修復するために行ってきた成果を踏まえて、エジプトの他の遺跡や、あるいは広く世界の文化財を研究の対象にしています。

構成員は、エジプト学、文化財保存科学、博物学、古典学、都市計画学、地盤工学、分析化学、微生物学、高分子化学などの専門家からなり、地盤班、保存修復班、文化・都市班、技術開発班の4つの班に分かれて活動しています。


「文化財保存修復研究拠点」(ICP)の活動は、無事に終了いたしました。

この文化財保存修復研究拠点での成果を受けて、2013年度より、新たに「国際文化財・文化研究センター」(CHC)が発足いたしました。これは、文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2013年~2017年)の採択を受けたもので、今後も、関西大学では文化財をめぐる総合的な研究を行っていきます。

What's New

2013/7/30

文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業によって「国際的な文化財活用方法の総合的研究」(2013年~2017年)が採択されました。これを受けて、関西大学に「国際文化財・文化研究センター」(CHC)が発足いたしました。

「国際文化財・文化研究センター」(CHC)ホームページ


2013/6/25

2013年年6月14日(金)より、関西大学とカイロ大学の学術協定により、カイロ大学考古学部からサラーハ・エル・ホーリ氏とオラ・エル・オゲジ氏の、二名の先生方が交換研究員として来日され、関西大学へと来られました。

詳細はこちらをご覧ください。


2013/3/29

2013年3月4日に、関西大学文化財保存修復研究拠点の紀要『セマウイ・メヌ(Semawy Menu)』第4号、『関西大学文化財保存修復研究拠点』ニューズレター第5号を発行しました。

詳細はこちらをご覧ください。


2012/12/11

エジプト航空フェア パネル展示のお知らせ

エジプト航空フェアの一環として、当拠点は関西国際空港展望ホールにてパネルを展示する予定です。
関西大学が現在行っている古代エジプトの壁画修復の最前線を、この機会に是非ご覧ください。皆様のご来場をお待ちしております。

【開催期間】平成24年12月22日(土)~平成25年1月31日(木)
【展示場所】展望ホールメインホール3階 企画展示室
【料  金】無料

詳細はこちらをご覧ください。


2012/10/16

2012年11月11日(日)に、関西大学にて当拠点主催の国際シンポ
ジウムを開催いたします。

詳細はこちらをご覧ください。


2012/10/5

2012年8月に行われたマチュピチュ遺跡の「太陽の神殿」における日本調査隊とペルー政府の合同調査が、朝日新聞(東京本社・2012年10月1日付夕刊)の連載「文化遺産を守る 日本の知恵を世界へ」にて紹介されました。

当拠点メンバーの西浦忠輝氏(保存修復班)が代表を務める日本調査隊は、遺跡の劣化を食い止め、保存修復の技術を現地に伝えることを目的に、今後も活動を継続していく予定です。調査隊には、当拠点メンバーである伊藤淳志氏(地盤班)も参加しています。


2012/10/2

2012年11月11日(日)に、関西大学にて当拠点主催の国際シンポジウムを開催する予定です。詳細については近日紹介いたします。


2011/9/21

当拠点メンバーの西浦忠輝氏(保存修復班)が代表を務める日本調査隊が、2012年8月24日(金)より、ペルー政府と合同でマチュピチュ遺跡の「太陽の神殿」の修復作業を開始し、その活動が朝日新聞(大阪本社・2012年8月25日付朝刊)に紹介されました。

日本調査隊には、藤田晴啓新潟国際情報大学教授の他、当拠点メンバーの伊藤淳志氏(地盤班)らも参加し、石材の劣化した神殿を修復する試みが行われています。


2011/8/21

2012年8月21日(火)より、当拠点メンバーである西浦忠輝氏(保存修復班)、伊藤淳志氏(地盤班)をはじめとする日本調査隊が、ペルー政府と合同でマチュピチュ遺跡の調査を行います。この調査について、朝日新聞(大阪本社・2012年8月16日付夕刊)に紹介されました。


2012/8/3

2012年7月25日(水)-27日(金)に関西大学大学院にて、「文化財科学研究」の講義が行われました。

詳細はこちらをご覧ください。


2012/7/2

2012年11月11日(日)に関西大学にて当拠点の国際シンポジウムを開催する予定です。詳細については近日紹介します。


2012/7/2

2012年6月30日(土)・7月1日(日)に日本大学にて開催されました、文化財保存修復学会第34回大会で、当拠点メンバーの西浦忠輝氏(保存修復班)が発表を行いました。

口頭発表 6月30日(土) セッション1
西浦忠輝、仲地洋、中尾長政
「石造文化財の合成樹脂による保存処置の耐久性―沖縄県、重文・園比屋武御嶽石門を例に―」

ポスター発表 6月30日(土)
小野勇、西浦忠輝、松本健
「古代ローマ都市遺跡の列柱道路の保存修復に関する研究〔IV〕」

詳細はこちらをご覧ください。


2012/6/26

2012年12月5日(水)-7日(金)に東京国立博物館平成館大講堂にて開催される第36回文化財の保存および修復に関する国際研究集会で、当拠点メンバーの高鳥浩介氏(技術開発班)が発表を行う予定です。

高鳥浩介
「文化財保存施設における浮遊菌の調査手法」

詳細はこちらをご覧ください。


2012/6/25

2012年6月23日(土)・24日(日)に京都大学にて開催されました、日本文化財科学会第29回大会で、当拠点メンバーの荒川隆一氏(技術開発班)、川﨑英也氏(技術開発班)、アフメド・シュエイブ氏(保存修復班)、アーデル・アカリシュ氏(保存修復班)、伊藤淳志氏(地盤班)、西形達明氏(地盤班)、吹田浩氏(文化・都市班)が発表を行いました。

河原一樹、中沢隆、川﨑英也、浅井重博、アフメド・シュエイブ、アーデル・アカリシュ、吹田浩、荒川隆一
口頭発表「MALDI 質量分析法による壁画に使用された接着剤原料の検出」

伊藤淳志、西形達明、吹田浩
ポスター発表「エジプト・マスタバ墓地下埋葬室母岩の劣化と補強」

詳細はこちらをご覧ください。


2012/6/19

当拠点が関西大学の高校生向けの大学案内(2013年度)にて紹介されました。

当拠点では、エジプトの歴史や文化財について、文部科学省と関西大学の助成を受けながら高度な研究を続けています。

詳細はこちらをご覧ください。


2012/5/15

当拠点のFacebookページを立ち上げました。当拠点開催のシンポジウム等の情報や、エジプトの文化財に関する情報などをいち早く発信していくためのものです。

今後はホームページだけでなく、Facebookページでも当拠点の様々な情報をお届けする予定です。

当拠点のFacebookページはこちらです。


2012/4/16

2012年、当文化財保存修復研究拠点(ICP)とカイロ大学考古学部(Faculty of Archaeology, Cairo University)が学術交流協定を締結しました。今後は両機関が協力し、エジプトの文化財に関する教育や研究を推進していくこととなります。

これにより、若い研究者の育成や交換研究員の派遣、国際研究集会の開催など、より幅広い活動が可能となります。また、エジプトにおける当拠点の研究活動にとっても有意義なものです。


2012/4/3

2012年度より、関西大学にて「文化財科学研究」の講義が開講され、本年度は当拠点メンバーの沢田正昭氏(保存修復班)が指導を行います。

この講義では、文化財の保存修復についての自然科学的な基礎知識を学び、実際の応用事例から古代壁画の保存修復技術への理解を深めることを受講生の到達目標としています。「文化財科学研究」の開講は、当拠点の基盤をより堅実なものにします。

講義の詳細は春学期および秋学期のシラバスをご覧ください。


2012/4/3

大学コンソーシアム大阪の単位互換包括協定に基づき、関西大学にて「古代エジプト語」の講義が開講され、当拠点メンバーの吹田浩氏(文化・都市班)が指導を行います。

単位互換包括協定を結ぶ大学の学生を対象とし、関西大学にとどまらず、より多くの学生が古代エジプト語を学ぶ基本となる中期エジプト語を学習することが可能になります。

講義の詳細は春学期および秋学期のシラバスをご覧ください。


2012/4/2

2012年3月8日に、関西大学文化財保存修復研究拠点の紀要『セマウイ・メヌ(Semawy Menu)』第3号、『関西大学文化財保存修復研究拠点』ニューズレター第4号を発行しました。

詳細はこちらをご覧ください。


2012/4/2

2012年3月27日(火)に関西大学にて当拠点の公開研究会を行い、当拠点メンバーのアフメド・シュエイブ氏(保存修復班)、アーデル・アカリシュ氏(保存修復班)、エヴァ・ロズネルスカ氏(保存修復班)が、エジプトとポーランドの文化財の修復事例について報告しました。

また、日本人研究者との意見交換が地盤班、保存修復班、文化・都市班、技術開発班と合同で行われ、活発な議論が交わされました。