KANSAI UNIVERSITY
 進化するe-Learningの展開
   〜授業と学習の統合的支援および教授法と
       学習コンテンツの共有化
CEASの利用
文系学部・総合情報学部
理工系学部
CEAS利用説明書等
企画
実施状況
取組内容
実施計画
平成17年度関西大学現代GP成果報告書 pdf
表紙・目次 [92KB]
取組について[528KB]
研究推進者報告[4278KB]
プレスチューデント・プログラム[500KB]
シンポジウム等の開催[6103KB]
コンテンツ開発研究会[5302KB]
学会発表[1927KB]
資料 [1609KB]
  
平成16年度関西大学現代GP成果報告書
pdf 16.6MB
〒564-8680
大阪府吹田市山手町3-3-35
関西大学
現代GP事務局
TEL 06-6368-0982
gp2004@ml.kandai.jp
CEAS Community Page


平成18年度(最終年度)関西大学現代GP成果報告書
本取組の平成18年度(最終年度)の成果を関西大学現代GP成果報告書として上梓しました。是非ともご高覧ください。[PDF]
表紙/はじめに(学長 河田悌一)/目次 [0.4M]
1 関西大学現代GP「進化するe−Learningの展開」の取組とその成果(事業推進責任者 冬木正彦) [0.96M]
2 正課教育におけるCEASを利用した教育実践報告[9.6M]
3 入学前教育でのCEASの利用 [1.0M]
4 他大学におけるCEASの利用 [1.3M]
5 他のプロジェクトでのCEASの利用 [0.7M]
6 シンポジウム・講演会・研究会の開催 [2.0M]
7 各種学会等での発表と文献リスト [1.3M]
8 外部評価報告/資 料/おわりに  [0.4M]


成果報告書(冊子)の配付について
冊子についても若干の残部があります。ご希望の方は、gp2004@ml.kandai.jp まで「送付先住所」、「宛名」を明記のうえメールください。
教えと学びの連環室が発足
2007年4月1日付で教えと学び連環室が発足しました。
教えと学びのショーケースを開設しました。
教えと学びのショーケースでは、関西大学で行われている教育を2つの視点から公開しています。
「と学びのショーケースでは、関西大学で行われている教育を2つの視点から公開しています。
教えのショーケース」には、教える側の視点から教育実践の知識と経験の公開を目的として、教え方の要約表と教育実践事例集を掲載しています。
学びのショーケース」には、学ぶ側の視点で個別の科目で使われた学習コンテンツ(教材や課題など)を授業回数ごとに整理して掲載しています。[詳細]
現代GP成果報告シンポジウム〜ICT活用教育の拡大に向けて〜 を開催しました。
多数のご来場ありがとうございました。

大学における教育の質向上のための汎用的教育支援モデルを構築するとともに、授業支援型e-LearningシステムCEASの利用の中で蓄積される教授法と学習コンテンツを共有・公開することを目的とした関西大学の現代GP取組は本年3月末で終了します。このシンポジウムでは、関西大学の取組実施内容の全容と得られた知見、今後の展開についてまず報告した後、CEASを活用された学内の各教育分野における先生方の教育実践事例を報告します。  [詳細PDF]
   記
日時: 平成19年3月15日(木) 13:00〜17:00
場所: 関西大学尚文館マルチメディアAV大教室
対象: 教育職員、事務職員、一般
    学外の方のご参加もお待ちしております。
○プログラム○
13:00
 -
挨拶 開会挨拶 河田 悌一
(関西大学学長)
13:10
 -14:10
報告 取組成果報告と課題、展望 冬木正彦(関西大学工学部教授:現代GP事業推進責任者)
14:10
-
17:00
報告 CEASの利用開始前後での講義コンテンツの利活用の変化 小林 孝史(総合情報学部 助教授)
報告 CEASを利用した双方向型プレカレッジ・プログラムの可能性 小林 剛(文学部 助教授)
報告 CEASを使った初年次教育の試み〜文学部における初年次教育科目「知のナヴィゲーター」での事例〜 本村 康哲( 文学部 助教授)
報告 工学部・教養物理学教育における CEAS 利用の試み 齊藤 正 ( 工学部 教授)
報告 中国語教育におけるCEASの利用とメディア利用の多様化 氷野 善寛( 文学研究科中国文学専攻)
報告 授業支援というコンセプトから見えてきた英語教育 山本 英一( 外国語教育研究機構 教授)
報告 CEASが可能にしてくれるコラボレーション:工学部におけるESP教育の試み 岡本 清美( 外国語教育学研究科 外国語教育学専攻)
報告 CEAS を利用した授業ビデオ配信システムの構築と運用 檀 寛成( 工学部 助手)
平成18年度「関西大学現代GP成果報告書」の原稿募集について(18.12.22) CEASを利用されている先生方へ
 本年度も標記報告書を作成いたします。この成果報告書の内容をより一層の充実させるために原稿を寄稿いただける先生を募集いたします。募集する原稿は、次の2点です。
1 コンテンツ制作
 実際の授業で使用されたコンテンツの紹介と,コンテンツの準備や蓄積の工夫,その際に得られた知見(課題,意義など)について
2 教育実施の方法
 授業の進め方とCEASの利用方法(資料の事前配布,課題の配布/回収,コミュニケーションの促進など)の紹介,CEAS利用により得られた知見(課題,意義,教え方における工夫・改善など)について
詳細は次の原稿募集についてをご参照ください。
[原稿募集についてPDF][原稿サンプル.doc]

皆様の積極的な応募をお待ちしております。 
関西大学現代GP講演会〜教えと学びに関する知識と経験のオープン化〜を開催いたしました
 標記の講演会は、MITオープンコースウエア構想の中心的な研究者である宮川 繁先生をお迎えし、MITの大学戦略から今後の展開、最新の動向などについてお話を伺うものであります。社会貢献が大学の社会的使命のひとつとして定着しつつある今日、宮川先生を交えて大いに議論を深めました。
[詳細PDFはこちら]
   記
日時: 平成18年7月14日(金) 13:30〜15:40
場所: 関西大学100周年記念会館 ホール
対象: 教育職員、事務職員、一般
○プログラム○
13:30
 -13:40
開会挨拶      河田 悌一
(関西大学学長)
13:40
 -15:10
基調講演 オープンコースウェアと教育のグローバリゼーション 宮川 繁
(マサチューセッツ工科大学言語学教授)
15:20
-15:40
講演 本学の取組「教えと学びのショーケース」の開設について 冬木正彦(関西大学工学部教授:現代GP事業推進責任者)
 
第1回教えと学び研究会を開催いたしました
 本学の現代GP採択事業(進化するe−Learning の展開)の取組の一つとして、WEB上に「教えと学びのショーケース」を開設いたすことになりました。今回は、このシステムの開設にあわせて「第1回教えと学び研究会」を次のとおり開催いたしました。
   記
日時: 平成18年7月5日(水) 15:00〜16:30
場所: 関西大学千里山キャンパス
    第2学舎4号館4階F402教室
講演テーマ 進化する教育:テクノロジーが可能にする教えと学びの知識と経験の共有
講演者 飯吉 透氏 カーネギー財団上級研究員・知識メディア研究所ディレクター
講演要旨 ネットワーク・テクノロジーやマルチメディアの利用により、「教えや学びに関する知識や経験」を効果的に共有することが可能になりつつある。本講演では、北米における最新の事例を通して、「教育的イノベーション」と「技術的イノベーション」のシナジー(相乗効果)がどのように教育の進展に貢献できるのかを探求し、実践的課題と将来的展望について考察を行なう。
 
平成17年度関西大学現代GP成果報告書
 本取組の平成17年度の成果を関西大学現代GP成果報告書として上梓しました。是非ともご高覧ください。[PDF]

表紙・はじめに(河田学長)・目次 [92KB]
「進化するe-Learningの展開」の取組について [528KB]
現代GP研究推進担当者報告書 [4,278KB]
プレ・スチューデント・プログラム [500KB]
シンポジウム・交流会の開催 [6,103KB]
コンテンツ開発研究会の開催 [5,302KB]
各種学会等での発表 [1,927KB]
資料・おわりに  [1,609KB]
第2回関西大学現代GP交流会を開催いたしました
〜ITを活用した教育実践の紹介〜

本学では、文部科学省現代GP採択プロジェクト「進化するe-Learningの展開」を推進していくため、研究推進担当者を募りITを活用した教育実践を進めております。今回はCEASを活用した教育実践の事例や今後の展開について研究推進担当者を中心に発表を行っていただきました。
      記
日時: 平成18年3月14日(火)13:00〜17:00
場所: 千里山キャンパス尚文館マルチメディアAV大教室
対象: 一般・専任教育職員・専任事務職員
 【プログラム】
13:00 開会 17:00閉会
● 「基礎セミナー『植物を知り、植物に学ぶ』におけるCEASの導入」栗原佐智子・中嶋幹男・福井希一(大阪大学工学研究科)
● 「教育効果の測定−LMSの新たな活用法−」 谷口正明(愛知大学非常勤講師)
● 「パイロット運用年度における正規授業のCEAS利用度調査」 片山敏之(北星学園大学経済学部)
● 「大教室での授業を少人数教育に」 雑古哲夫(文学部)
● 「事例発表 CEASを利用したプレゼンテーション教育」 本村康哲(文学部)
● 「CEASを使ったプレ・スチューデント・プログラム」 小林剛(文学部)
● 「大教室におけるCEASの利用例−任意課題の効果」 浜野潔(経済学部)
● 「CEAS利用の携帯電話による出席確認とアンケートの実施」大倉雄次郎(商学部)
● 「経済教育のコンテンツ」 山名年浩(総合情報学部)
● 「学生のためのソフトウェア設計教育法 -上流工程における概念設計方法の開発とその実例-」 浅田善久(工学研究科)・堀井健(工学部)
● 「CEASがもたらす新しい学習スタイル--英語教育の2つの実践例」  山本英一(外国語教育研究機構)
● 「自宅で見れる動画教材」 李春喜(外国語教育研究機構)
● 「CEASを使った上級英語での取組」  竹内理・住政二郎(外国語教育学研究科)
● 「河内長野市立美加の台中学校の取組」 古川元庸(美加の台中学校英語科)・住政二郎(関西大学英語教育連環センター)・谷山契(関西大学英語教育連環センター)
第5回コンテンツ開発研究会を開催しました
下記のとおり第5回コンテンツ開発研究会開催いたしました。
      記
  日時:平成18年1月28日(土) 13:00−17:00
  場所:経商 F402教室(経商BIGホール100上) 
 【プログラム】
●13:00−14:00 竹内 理 (大学院外国語教育学研究科・外国語教育研究機構)
『英語学習における CEASの利用−1年間の試行から見てきたもの−』
●14:00−14:45 沈 国威(大学院外国語教育学研究科・外国語教育研究機構)
『中国語コンテンツの制作・蓄積・共有化―2006年度の取り組みを中心として』
●15:00−15:30 冬木 正彦(工学部)
『授業コンテンツの公開および共有・再利用システムの構想』
●15:30−17:00 ディスカッション   
『コンテンツの共有、再利用』、『ESPについて(継続)』、その他
第2回関西大学現代GPシンポジウムを開催いたしました
関西大学では、教育におけるIT事業を推進するメディア教育開発センター、それに先進的に取組んでいる諸大学を招き、eラーニングを活用した教育の組織的展開について第2回のシンポジウムを次のとおり開催いたしました。

テーマ:eラーニングを活用した教育の組織的展開について
日時: 平成17年11月16日(水) 13:30〜17:00
場所: 関西大学100周年記念会館 ホール
対象: 専任教育職員・専任事務職員・一般(学生含む)
講演者:
 ◆13:45-14:30 基調講演:清水 康敬
  (独立行政法人メディア教育開発センター 理事長)
  eラーニング促進のための組織連携と今後の課題
 ◆14:40-15:25 講演:中原 淳
  (東京大学 大学総合教育研究センター 講師)
  大学教育環境のリデザイン:東京大学・海外大学の取り組み
 ◆15:25-16:10 講演:梶田 将司
  (名古屋大学情報連携基盤センター 助教授)
  大学における情報基盤整備と教育の情報化
 ◆16:10-16:55 講演:田中 俊也
  (関西大学文学部 教授)
  eラーニングにおける学びの質の諸問題とその改善

 詳細は[こちら] PDF
お問い合わせ:大学事務局学長秘書課 06-6368-1121(代表)
第4回コンテンツ開発研究会を開催しました
下記のとおり第4回コンテンツ開発研究会開催しました
      記
日時:10月15日(土) 13:30−16:30
場所:経商 F402教室(経商BIGホール100の4階)
発表者:
1. 13:30−15:00
  大学教育におけるインストラクショナルデザイン
  適用の現状と可能性
  鈴木克明教授(岩手県立大学 ソフトウエア情報学部)
2. 15:15−15:45
  中国語授業におけるCEASの利用と展開
  氷野善寛(文学研究科中国文学専攻)
3. 15:50−16:20
  CEASと個別演習教材を組み合わせた教育支援
  システムの実践と提案
  冨田 匠(工学研究科管理工学専攻)
第3回コンテンツ開発研究会を開催いたしました
下記のとおり第3回コンテンツ開発研究会開催いたしました
        記
日時:9月17日(土) 13:30−16:30
場所:工学部2号館教室棟 202教室
(工学部事務室のある建物の、隣の教室が集まっている建物)
演題・発表者:
1.「テキストマイニング技術と教育への応用の可能性」
   ジャストシステム 公共システム部企画課製品企画チーム 石沢朋氏
2.「専門英語教育用のイーラーニングコースとコンテンツの開発(仮)」
   大阪大学大学院工学研究科 福井希一先生
第2回コンテンツ開発研究会を開催いたしました
下記のとおり第2回コンテンツ開発研究会開催いたしました
今回の発表者は、長谷川先生(商学部)・雑古先生(文学部)でした。
        記
7月23日(土) 14:00〜16:30
工学部2号館教室棟 202教室
(工学部事務室のある建物の、隣の教室が集まっている建物)
平成16年度関西大学現代GP成果報告書を刊行いたしました
本取組は、平成16年4月から平成19年3月までの3ヵ年ぶわたるプロジェクトです。今回、平成16年度の取組と成果概要を取りまとめ報告書として刊行いたしましたので、ご高覧ください。
[平成16年度関西大学現代GP成果報告書]pdf 16.6MB
第1回コンテンツ開発研究会を開催いたしました
下記のとおり第1回コンテンツ開発研究会開催いたしました
今回の発表者は、沈 国威先生(外国語教育研究機構)と久保田 賢一先生(総合情報学部)でした。
        記
6月18日(土) 13:30〜16:00
工学部2号館教室棟 202教室
(工学部事務室のある建物の、隣の教室が集まっている建物)
平成17年度現代GP研究推進担当者への説明会を6月8日に開催しました。
配布資料は次のとおりです。
[平成17年度研究推進担当者の取組について]pdf
[研究推進担当者名簿]pdf
CEAS利用説明会を開催いたしました
下記のとおり授業支援型e-LearningシステムCEASの説明会を開催いたしました。
        記
5月9日(月) サテライトステーション2教室(誠之館2号館)
5月11日(水) 高槻TC305教室
5月12日(木) AVPC1教室(経商学舎1号館4階)
 いずれの日程も 12:10〜13:00 
 [詳細]  [ceasを利用した教育事例]
関西大学専任教育職員の方へ
私情協全国大会の参加者募集について (2005.4.14)

社団法人 私立大学情報教育協会では「全国大学IT活用教育方法研究発表会」の発表者を募集しております。
是非この機会にCEASを活用した教育実践で、発表会に参加していただきたくご案内申し上げます。
つきましては、この発表会にご参加いただける先生は、現代GP事務局まで、ご連絡願います。
なお、東京での開催になりますので交通費につきましては、こちらで負担させていただきます。
詳細については、こちらをご参照ください。
CEASによるレポート提出方法を更新しました。(2005.4.11)
配布パンフレット-CEASの利用法-(担任者向け・学生向け)[2頁]を更新しました。(2005.4.7)
携帯電話による出席確認システムの紹介・出席確認手順(担任者用・学生用)を更新しました。(2005.4.6)
CEAS利用説明書等を更新しました。(2005.4.4)
CEASに関する手引書・クイックガイド等を「担任者向け」「学生向け」に分けて掲載しております。
CEASサーバを移設し、新年度科目情報を更新しました。(2005.3.22)
関西大学現代GP交流会(成果報告会)を開催いたしました
本学では、本プロジェクトを推進していくため、研究推進担当者を募りITを活用した教育実践を進めております。今回はCEASを活用した教育実践の事例や今後の展開について研究推進担当者を中心に発表を行っていただきます。

 日時: 平成17年3月15日(火)13:30〜17:00
 場所: 千里山キャンパス尚文館マルチメディアAV大教室
 対象: 専任教育職員・専任事務職員・一般
詳細は、こちらをごらんください
講演内容のストリーミング配信を開始しました。
また、パワーポイントの資料をアップしております。(2005.2.4)
第1回関西大学現代GPシンポジウムを開催いたしました
関西大学では、教育におけるIT事業を推進する文部科学省および私立大学情報教育協会、それに先進的に取組んでいる諸大学を招き、ITを活用した教育実践に関する第1回のシンポジウムを次のとおり開催いたしました。

 テーマ: ITを活用した教育の質の向上
 日時: 平成17年1月19日(水)13:30〜17:00
 場所: 千里山キャンパス尚文館1階・マルチメディアAV大教室
 対象: 専任教育職員・専任事務職員・一般

   参加大学など詳細は[こちら] PDF
お問い合わせ:大学事務局学事課 06-6368-1121
現代GP(文部科学省)に採択されました
社会的要請の高い教育テーマに取り組む大学などを選定し、重点的に財政支援する文部科学省の平成16年度現代的教育ニーズ取組支援プログラムに関西大学の表題テーマが採択されました。本ホームページでは、採択されたプロジェクトの取組内容を随時公開していきます。
  文部科学省HP [選定理由]  [選定校取組一覧]
アサヒコム(朝日新聞)の現代GP特集の紹介
本取組について特集記事が公開されています。
 アサヒコムへ
   
実施状況を更新しました (2005.1.24)
実施状況を更新しました (2005.1.11)
実施状況を更新しました (2004.12.21)
ホームページ「関西大学現代GP進化するe-Learningの展開」をリニューアルいたしました。 (2004.12.7)
   
Copyright (C) 2004 Kansai University. All Rights Reserved.
このページは、関西大学現代GP事業推進担当者会議の責任により運用しています。