KANSAI UNIVERSITY

博士課程前期課程

教育方法と開講形態

教育方法

講義および演習という授業形態を中心として教育を行います。ただし、1学年定員が15名と比較的少数であることを活用して、講義の際にも教員側が一方向的に話を行うというスタイルにとどまることなく、学生による発表やディスカッションも積極的に取り入れて、より教育効果のあがる授業を展開します。さらに、関西大学のインターネットを利用した授業支援システム(インフォメーション・システムおよびCEAS)を利用して、授業時間外での双方向的な課題の提示やそれについての議論、課題の提出を可能とします。これによって、特に社会人大学院生の学習を支援します。また、院生の研究意識を高めるために、1、2年次には、院生報告会を実施し、研究科担当教員が就学成果を確認しています。

開講形態

授業は、1時限90分とし、月曜日から土曜日まで開講します。基本的に、開講時限は月曜日から金曜日までの1限~5限(9:00~17:50)ですが、6限(18:00~19:30)および土曜日における開講については、社会人大学院生の便宜などを考慮して、弾力的に運用します。

修了要件

本研究科に2年以上在学し、演習科目4単位以上を含めて30単位以上を修得し、かつ、修士論文もしくは特定の課題の審査および修士の学位に関する最終試験に合格した者をもって課程を修了したものとします。進級条件については、特に定めていません。

社会人1年制コースとは

充分な社会経験と一定以上の研究能力を有する社会人を対象として、1年制コースを設けている。これにより、大学院での研究成果を、ただちに職務や職場での社会貢献に役立てられるようにすると同時に、職場へ復帰するまでの期間等を短縮することなどにより、職務上の負担も軽減する。

1年で学位を取得するためには、入学後の十分な研究指導および様々な面でのサポートが必要であるとともに、入学時に一定の水準の能力と経験、さらに研究方向の具体性が求められる。高度公共人材に求められる基礎的素養としての職務経験および一定の研究能力を持ち合わせているかどうかを判定するために、出願時に詳細な研究計画書(8,000字程度)の提出を求めて、合否判断の資料として用いる。

1年制コースの入学試験において合格の基準に達しない志願者については、修業年限を2年以上とする通常の過程としての合否を判断し、修学機会を広げるように努める。

修了に必要な修得単位は、必修科目(4単位)を含め、30単位とする。授業形態は、曜日・時限を基本とするが、官公庁や企業、教育・研究機関における業務や研究の実績、およびその結果についてのレポートや発表などを授業時間に代えることもある。これによって、十分に能力のある社会人学生が、1年間で学位を取得できるように配慮を行う。

カリキュラムの概要

高度公共人材には、 政策に関する知識や、 研究を行っていくための基本的能力、 さらには国際的な視野が必要です。 これらを獲得するために、 ガバナンス研究科では政治学・法学・行政学を主たる柱として、 さらに経済学および経営学との密接な連関を保った教育を行っていきます。

ガバナンス研究科の演習科目について

複数教員による指導体制で、複数のアプローチからの研究が可能

ガバナンス研究科は、入学から修了まで特定の1人の教員が全てを指導する従来型形態ではなく、複数教員による指導体制が特徴です。研究課題を多角的に捉えるとともにきめ細やかな研究指導を行うため、前期課程・後期課程共に、主担当研究指導教員と副担当研究指導教員による指導体制を整えています。授業科目にも多様な専門分野の教員を配置し、1つの社会問題を複数のアプローチから多面的に研究することができます。

シラバスシステム

科目名・教員名からシラバス(講義要項)を検索・閲覧することができます。

ページトップへ