KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 学生生活 > 学生生活

アルバイト

学生生活における福利厚生の一環として、インターネットでアルバイトの紹介を行っています。本学の学生でネットワークに登録すると、パソコンや携帯電話からアルバイト求人情報を閲覧することができます。
本学では、危険を伴うものや教育的に好ましくないものなど「制限職種」を定めており、このサービスでは、これに基づく審査を経たアルバイト求人情報を提供しています。
なお、学内の掲示板によるアルバイト紹介は行っておりません。

さらに詳しい情報は
学生生活支援グループ(アルバイト)でご案内しています

傷害保険制度

関西大学で取り扱っている主な保険には、学生教育研究災害傷害保険と学研災付帯賠償責任保険があります。
このほか、2013年4月からは関西大学共済会が設立し、会員(学生)の相互扶助の精神に基づき、会員(学生)の疾病、入院、生命、賠償責任などに係わる共済事業を通じて、学生生活の向上を図っています。

さらに詳しい情報は
学生生活支援グループ(事件・事故/保険制度)でご案内しています

自転車・バイク・自転車通学

関西大学では、自動車・バイクによる通学を全面禁止としています。これは、周辺地域の生活環境保全および通学途中での事故による負傷や賠償などのために学業の継続が困難になるケースを防止するためです。
ただし、身体に障がいのある者がやむを得ず使用する車両および学生が機材等搬出入に必要な自動車等については、許可を得た場合に限り入構できます。
また、自転車で通学する際は、自転車専用の駐輪場をご利用ください。

さらに詳しい情報は
学生生活支援グループ(自動車・バイク/自転車通学)でご案内しています

学生生活実態調査

関西大学では、学生の生活実態の現状(修学の状況、課外活動、福利厚生等)を的確に把握することで、教学・大学運営・学生サービスを検討するうえでの参考に供することを目的として、学生生活実態調査を実施しています。
この学生生活実態調査によって、本学学生の学生生活に関するさまざまなことが統計的に明らかになりました。この調査結果を貴重な資料としたうえで、学生生活における問題点等を改善していきたいと考えています。

さらに詳しい情報は
学生生活支援グループ(学生生活実態調査)でご案内しています

正課外教育プログラム

学生センターでは、正課教育(授業)以外にも、多種多様な学びの場を提供することを目的として、さまざまな「正課外教育プログラム」を実施しています。
AEDを用いた応急手当の講習会や、人権問題フィールドワークなど、大学生活で役立つものから、自分自身の視野を広げ、人生を豊かにするための教養を身に付けるものまで、特色あるプログラムを用意しています。

さらに詳しい情報は
学生生活支援グループ(正課外教育プログラム)でご案内しています

遺失物・拾得物

大学の構内での遺失物・拾得物は、速やかに最寄りの事務室(授業支援ステーション、総合図書館、中央体育館の事務室、学生生活支援グループ、スポーツ振興グループ、ITセンター、キャリアセンター等)にて手続きを行ってください。
拾得物は落とし主が現れるまで各事務室で2週間保管後、落し物コーナーに送付します。なお、届け出日から3カ月以内に落とし主から申し出がなければ処分します。

さらに詳しい情報は
学生生活支援グループ(遺失物・拾得物)でご案内しています

詳しい情報

さらに詳しい情報は  学生生活支援グループ でご案内しています。

学生生活支援グループでは、以下の情報もご案内しています。

  • 課外活動
  • 学生生活
  • イベント
学生生活支援グループ
このページの先頭へ