KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  1. トップ
  2. 教員が語る専門領域の魅力
  3. 教員が語る専門領域の魅力 vol.8 池田 真生子 教授

教員が語る専門領域の魅力 vol.8

池田 真生子 教授

継続は、力なり。

池田 真生子 教授

Profile

専門は、外国語教育学(学習方法論)。学習方法の指導、教材などについて研究している。昨今は集団力学にも関心をもっている。

 専門の学習方法論では、どのように外国語(英語)を学習するのが効率的か、そしてその学習方法を、どのように学習者に伝授すればよいかを、指導方法、教材、学習環境などの観点から研究しています。

 外国語の学習では、学習の計画・振り返りを大切にし、(リーディングやリスニング、語彙学習などの)スキルに応じた効果的な学習方法をとることがよいとされていますが、その効果的な学習方法が一度授業で紹介されただけでは、学習者はなかなか実行に移せません。一度やってみることはあっても、なかなか継続できません。学習自体も、一人で「継続」させることは、なかなか至難の業です。研究では、ペースメーカーとなるようなものの存在が、継続を支えることがわかってきました。そこで現在は、授業ではどのような活動をすれば授業外の個別学習の支えとなるか、どのような教材が役立つか、などを研究しています。

 担当授業は、学部では「英語教育論(学習方法)、(小学校英語)」「英語科教科教育法」「オーラル・コミュニケーション」「上級英語」です。「英語教育論」では、専門分野の学習方法論の他に、学習者がもつ動機や学習不安などを理解し、学習者の視点から英語教育学の理解を深めます。また、昨今導入された小学校での外国語活動について学びます。「オーラル・コミュニケーション」や「上級英語」の授業は、英語のみで実施し、グループワークを中心に進めています。学部の他に、大学院では「外国語教育教材論(英語)」を担当しています。

学生のみなさんへのメッセージ

外国語の能力は、なくても不自由しないかもしれませんが、あると世界中でのさまざまな体験を可能にしてくれます。外国語の習得には長い年月を要しますが、焦らず、あきらめず、Festina Lenteで続けましょう。そして、将来の可能性を拓いてみてください。