KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  1. ホーム
  2. 研究科概要

研究科概要

外国語教育とその隣接領域を学問として扱う
我が国で初めての本格的な研究科

歴史

外国語教育学研究科は、本学で初めての学部を基礎にもたない独立研究科として、2002年4月に開設され、外国語教育学を専門的に教授・研究する機関としては、我が国で初めての研究科である。博士課程前期課程(修士)・後期課程(博士)を併せもつ本格的な組織として、全国的にも注目されている。1学年の定員は、前期課程が25名、後期課程が3名で、科学としての言語教育研究を基盤に、外国語教育学に関わる3つの領域(外国語教育学・異文化コミュニケーション学・通訳翻訳学)それぞれに固有の研究・実践の成果を最大限に活用していけるような、従来にない、新しいタイプの教育者・研究者・実務家を養成します。

外国語教育学研究科長
教授 竹内 理

このページトップに戻る

特色

外国語教育学が学際的な分野であることを生かして、前期課程に関しては、出身学部・学科を問わず、広く外国語教育学を志す学生諸君を受け入れている。関西大学出身者はもちろんのこと、それ以外の大学の出身者も多く在籍しており、多様なバックグラウンドをもった学生が集う研究科といえる。また、リカレント教育にも力をいれており、昼夜開講制、土曜開講、3年在学制(前期課程)、1年制修士(現職教員対象)、集中講義などを導入し、社会人が学びやすい研究科を作り出す努力をしている。学生選抜(入学試験)は面接重視で、高度な外国語能力を証明する資格を有する受験生には、外国語試験が免除される。

このページトップに戻る

教育内容

博士課程前期課程

理論と実践のバランスがとれた高度職業人を育成することを目的としており、カリキュラムは、主として1年次で受講する領域科目(外国語教育学領域・異文化間コミュニケーション学領域・通訳翻訳学領域)と「支援・実習科目」、2年次で履修する「外国語教育学演習」から構成されている。前期課程のカリキュラムはきわめて柔軟性が高く、指導教員のガイダンスのもと、学生一人ひとりのニーズにあわせたプログラムが組み立てられるようになっている。

博士課程後期課程

外国語教育学の研究者・指導者を養成することを目的としており、カリキュラムは「外国語教育学特殊演習」と「外国語教育学特殊講義」から成り立っている。学生諸君は、「外国語教育学特殊講義」で専門的なテーマに関しての理解を深めながら、「外国語教育学特殊演習」でオリジナルな研究を進め、指導教員の指導・助言を受けながら、博士論文を作成していくことになる。

このページトップに戻る