KANSAI UNIVERSITY

日中韓伊院生フォーラムが開催されました

2017年03月24日

 2017310日から13日の間、北京外国語大学にて日中韓伊院生フォーラム「東アジア文化交流の課題」が開催されました。

 本学からは東アジア文化研究科と外国語教育学研究科の院生33名、および東アジア文化研究科の教員4名が参加し、北京外国語大学(中国)、嶺南大学校(韓国)の院生を合わせ総勢91人が研究発表を行いました。

 今回は両日併せて14の分科会が置かれ、小さく分れての発表となったために、ひとつひとつの分科会の参加人数は多くはなかったものの、意欲的な発表と活発な議論が行われ、次世代の研究者育成に大きな成果をあげました。

 院生フォーラムの前身は2006年に始まった関西大学文学研究科東アジア文化交渉学専攻と北京外国語大学中文学院による「日中漢文化院生フォーラム」であり、その後、2009年からはローマ大学が、2011年からは嶺南大学校が加わって現在に至っており、国際化、グローバル化にふさわしい次世代の学術交流となっています。

 なお、本フォーラムは今後も引き続き実施していく予定であり、2017年も8月に嶺南大学で、9月にはローマ大学で、11月または12月には本学で開催すべく準備中です。

ページトップへ