KANSAI UNIVERSITY

公開講座

地域連携センター

2016年度

講座名 テーマ 参加者数
関西大学おおさか文化セミナー おおさかの力~伸びゆくひと、伸びゆくまち~(計5回) 686
おおさか温故知新(計5回) 733
関西大学ミュージアム講座 本山コレクションの精華 ─本山彦一と大阪、関西大学─(計3回) 107
関西大学サタデー・カレッジ 決算書の作成の流れと決算書の見方・分析の仕方(計4回) 220
考えて書く英語ビジネスEメール(計4回) 199
生涯学習吹田市民大学関西大学講座 日本文学と歴史(計4回) 763
健康まちづくり 吹田(計4回) 284
豪雨時の土砂災害から身を守る─リアルタイム水文情報・ハザードマップの活用法─ 100
けやきの森市民大学関西大学公開講座 関西文化とその魅力(計3回) 151
高槻市「夏休み子ども大学」 せん仏づくり─飛鳥時代のほとけさまをつくろう!─(計2回) 14
木簡づくり~1300年前の文字にふれてみよう!~(計2回) 16
かんだい明日香まほろば講座 国際都市飛鳥と渡来文化 639
飛鳥寺発掘60周年記念 飛鳥大仏の謎に迫る 164
都塚古墳の造られた時代~蘇我三代と飛鳥~ 173
公開講座フェスタ2016 中世の高野山と鎌倉幕府 157
関西社会人大学院連合「専門セミナー」 食品添加物ってなに?~どうして批判され、どうして使われ続けるのか~(計2回) 63
関西大学特別公開講座
(大同生命寄付講座)
関西中小企業の活性化と経営革新セミナー(計4回) 260
三大学連携事業
(大阪市立大学・大阪府立大学・関西大学)
ウェルビーイング スポーツ文化と健“幸” 108
北大阪健康医療都市「健都」
健康・医療のまちづくりシンポジウム
「健都」から始まる機能連携による新たな価値創造 231

東西学術研究所

2016年度

講座名 テーマ 参加者数
関西大学創立130周年記念
泊園書院シンポジウム(第56回泊園記念講座)
泊園書院と漢学・大阪・近代日本の水脈 90
公開講座フェスタ2016 泊園書院関係の文学者達─津田貞、藤澤桓夫らの偉業─ 27

経済・政治研究所

2016年度

講座名 テーマ 参加者数
第215回産業セミナー 教養主義と反知性主義 43
大阪の勤務評定反対運動を再考する 43
第216回産業セミナー 災害復興の主体形成について 29
まちに居場所をつくる人々─新しいまちとの関わり方─ 29
第217回産業セミナー オリンピック・パラリンピック大会のレガシー 59
地域とスポーツ文化─東京2020に期待すること─ 59
リオの舞台裏から 59
健康経営とスポーツ支援─保険市場による大阪マラソンの取り組み─ 59
第218回産業セミナー 東アジアの経済発展と海外直接投資─台湾資本の対ベトナム進出を中心に─ 36
明治期の神戸・大阪における外国銀行 36
第219回産業セミナー アフリカ経済発展と知的財産制度 33
アフリカ再生─経営学の役割─ 33
第220回産業セミナー 公共サービスのインパクト評価と行財政改革 33
公共施設マネジメントと公会計の融合 33
第208回公開講座 コト消費という謎 37
第209回公開講座 広告を読む 48
第210回公開講座 日本ゲーム産業史 50

法学研究所

2016年度

講座名 テーマ 参加者数
公開講座 フランスの離婚と公証人~公証人登録離婚制度の導入を踏まえて~ 16
現代法セミナー 科学鑑定とえん罪 32
経済刑法におけるコンプライアンスの意義─ドイツにおける現状と今後の展開─ 22

人権問題研究室

2016年度

講座名 テーマ 参加者数
公開講座 マイナンバー制度の目的としくみ ─拡大する利用範囲─ 70
「ビルダーボーゲン」に見る人種・民族問題 25
女性に対する暴力をなくすために男性に何ができるか
─ホワイトリボンキャンペーンの展開と課題─
73
備えあれば憂いなし─災害に備える支えあいの仕組みづくり─
第1部 関西大学学生相談・支援センター「障害のある学生支援事業─システムづくりと実際─」
第2部 吹田市福祉部「災害時要援護者支援事業─システムづくりと実際─」
183
関西大学・米原市共催による人権講座 『ともに歩める地域社会へ』~高齢者の人権について考えよう~ 35
公開合同研究学習会 神戸と華僑 10

東京センター

2016年度

講座名 テーマ 参加者数
公開講座 真言密教の聖地 高野山の歴史と文化 110
河出書房新社・中央公論新社創業130周年
関西大学創立130周年記念トークイベント
出版から考える戦後日本 80

教育推進部

2016年度

プログラム名 受講生数
海外子会社の経営を担う人材を養成する大学院教育プログラム(6ヶ月) 16
このページの先頭へ