KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > データで見る関西大学(教育情報の公開) > 求める教員像および教員組織の編制方針

求める教員像および教員組織の編制方針

関西大学として求める教員像および教員組織の編制方針

関西大学は、「学の実化(がくのじつげ)」を学是(理念)として掲げ、教育研究活動を展開している。これは、大学が研学の府として学問における真理追究だけに終わるのではなく、社会のあるべき姿を提案し、その必要とするものを提供することによって「学理と実際との調和」を求める考え方である。
この「学の実化」を実現するために、不確実性の高まる社会の中で困難を克服し未来を切り拓こうとする強い意志と、多様性を尊重し新たな価値を創造することができる力とを有する人材を育成する。
学是を踏まえ、上記の人材を育成するにふさわしい教員組織を目指し、以下のとおり求める教員像と教員組織の編制方針を定める。

1 大学として求める教員像

関西大学として求める教員は、「学位授与の方針」、「教育課程編成・実施の方針」、「入学者受入れの方針」を理解し、①未来を切り拓き新しい価値を生み出す研究を遂行する能力、②高度な知識や専門的なスキルを用いて教育を実践する能力、③優れた研究実績に基づき、教育活動、地域社会、国内・国際社会との適切な交流と循環により社会に貢献する能力を有する者とする。

2 教員組織の編制方針

関西大学は、各学部・研究科の専門分野及びその他部局の教育・研究領域の必要性に適合するよう、教員組織を編制する。各学部・研究科は、それぞれの専門分野に相応しい教育研究上の目的を踏まえ、以下の点に留意して「学位授与の方針」、「教育課程編成の方針」を実現するために必要な教員組織を編制する。

(1)必要教員数

「大学設置基準」「大学院設置基準」「専門職大学院設置基準」を踏まえ、適切に教員を配置する。
全学的な教育研究上の必要性に基づき、求められる教員を適切に配置する。
収容定員に対する教員1人あたりの学生数に配慮した教員組織を編制する。

(2)教員編制

各学部・研究科・その他部局の専門分野に相応しい教員編制となるよう配慮する。
特定の範囲の年齢、性別に著しく偏ることのないようバランスを確保し、国際化にも対応しうるよう教員編制の多様性を推進する。

(3)主要授業科目の担当

教育上主要と認める授業科目については、原則として専任の教授又は准教授が担当する。

(4)教員の募集・採用・昇任

教員の募集・採用・昇任に関する「職員任免規則」「教育職員選考規程」「各学部・研究科における内規・申し合わせ」等の適切な運用を行う。

(5)教育内容の改善のための組織的な研修等

教育の資質の向上を図るため、ファカルティ・ディベロップメントとして組織的かつ多面的な方策を実施する。

以上

このページの先頭へ