KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > データで見る関西大学(教育情報の公開) > 学部・大学院・留学生別科(大学院)

大学院

2017年度

名称 創立 教育研究上の目的 学位
法学研究科 1924(大正13)年6月5日付で認可された関西大学学位規程に基づく大学院に始まる。新制大学院は1950(昭和25)年4月に開設。 法学研究科は、法学及び政治学分野における学術の理論及び応用を教授研究し、豊かな専門的学識と高度な研究能力を備えた人材を養成することを目的とする。 修士(法学)
博士(法学)
文学研究科 戦後の学制改革に伴う新制大学院として1950(昭和25)年4月に開設。 文学研究科は、人文科学の分野において、総合的・学際的な教育研究を行い、人文科学の探究と発展に資するとともに、豊かな学識と高度な研究能力を備えた研究者及び高度専門職業人を養成することを目的とする。 修士(文学)
博士(文学)
経済学研究科 戦後の学制改革に伴う新制大学院として1950(昭和25)年4月に開設。 経済学研究科は、経済学の専門分野を系統的に学ぶことで当該研究の発展に資するとともに、国際的視野をもちつつ地域に立脚し、豊かな専門的学識と高度な研究能力を備えた人材を養成することを目的とする。 修士(経済学)
博士(経済学)
商学研究科 1962(昭和37)年4月に開設。 商学研究科は、商学諸分野の理論及び実践の教育研究を行い、豊かな学識と高度な研究能力を有する研究者及び現代社会の要請する諸課題に高度な専門知識をもって対処しうる高度専門職業人を養成することを目的とする。 修士(商学)
博士(商学)
社会学研究科 1971(昭和46)年4月に開設。 社会学研究科は、社会科学及び人間科学並びにそれらの学際的領域に関する理論的・実証的研究を行うとともに、高度な専門的知識と自立した研究能力を備えた人材を育成することを目的とする。 修士(社会学)
博士(社会学)
総合情報学
研究科
1998(平成10)年4月に開設。 総合情報学研究科は、情報学の理論及び応用を教育研究し、その成果をもって情報社会の進展に寄与するとともに、豊かな学識と高度な研究能力を備えた研究者及び高度専門職業人を養成することを目的とする。 修士(情報学)
博士(情報学)
理工学研究科 1962(昭和37)年4月に工学研究科を開設。
2009(平成21)年4月、理工学研究科に名称変更。
理工学研究科は、理工系の分野において総合的・学際的な教育研究を行い、高度専門職業人養成という社会的要請に応えるなど創造性豊かな高等技術者と研究者養成を実践しつつ、科学技術の急速な発展に対応できる人材を育成することを目的とする。 修士(理学)
修士(工学)
博士(理学)
博士(工学)
外国語教育学
研究科
2002(平成14)年4月に開設。 外国語教育学研究科は、外国語教育学の分野において、理論・実践両面の教育研究を行い、当該分野の探求と発展に資するとともに、深い学識と高度な専門知識を兼ね備えた人材を養成することを目的とする。 修士(外国語教育学)
博士(外国語教育学)
心理学研究科 2008(平成20)年4月に開設。 心理学研究科は、あらゆる人間行動の基盤である心理について総合的・学際的な教育研究を行い、複雑・多様化する社会の中で起こる心の諸問題の研究とそのケアを担いうる、豊かな学識と高度な研究能力を備えた研究者及び高度専門職業人を育成することを目的とする。 修士(心理学)
博士(心理学)
社会安全
研究科
2010(平成22)年4月に開設。 社会安全研究科は、時代とともに変化する自然災害や社会災害から安全な社会を実現するために、複数の関連分野の学際融合研究を通して、社会安全研究領域を創設するとともに、防災・減災に寄与できる人材を育成することを目的とする。 修士(学術)
博士(学術)
東アジア文化
研究科
2011(平成23)年4月に開設。 東アジア文化研究科は、東アジアにおける諸文化の形成と展開及び相互関係を把握するための総合的・学際的教育研究を行い、豊かな専門的学識と高度な研究能力を備えた研究者及び高度専門職業人を養成することを目的とする。 修士(文化交渉学)
博士(文化交渉学)
ガバナンス
研究科
2011(平成23)年4月に開設。 ガバナンス研究科は、国際社会において総合的・学際的な教育研究を行い、高い倫理性を持ち、国際水準でも通用するような課題を発見する能力、政策を立案する能力、政策を評価する能力を有した上で、自らがつくりだした政策を実行に移していくことができる高度専門職業人及び研究者を養成することを目的とする。 修士(政策学)
博士(政策学)
人間健康
研究科
2014(平成26)年4月に開設。 人間健康研究科は、人間の健康に関わる諸問題について、人文科学・社会科学・自然科学からの学際的アプローチによる理論研究と実習・実践を重視した教育研究を行い、豊かな学識と高度な研究能力を備えた研究者及び高度専門職業人を育成することを目的とする。 修士(健康学)
博士(健康学)
法務研究科
(法科大学院)
2004(平成16)年4月に開設。 本研究科は、理論と実務を架橋する高度の法学専門教育により、法曹としての基本的資質を培い、職業的倫理観と豊かな人間性を備えた創造力をもつ法曹を養成することを目的とする。 法務博士(専門職)
会計研究科
(専門職大学院)
2006(平成18)年4月に開設。 本研究科は、理論と実務を有機的に連携させた高度専門教育により、深い学識及び卓越した能力を培い、公認会計士に代表される高度の会計専門職業を担える有為な人材を育成することを目的とする。 会計修士(専門職)
心理学研究科
心理臨床学専攻
(専門職大学院)
2009(平成21)年4月に開設。 本専攻は、学理と実務の両面からの卓越した専門教育により、心の問題への心理学的支援に必要となる心理アセスメント、心理療法、地域援助等の臨床心理専門技能を有する高度専門職業人を養成することを目的とする。 臨床心理修士(専門職)
このページの先頭へ