KANSAI UNIVERSITY

三大検定

飛躍に備えて基礎学力の充実をめざす

緑に囲まれた学習環境で、大学へと続く基礎学力の定着を図ります。

学校法人関西大学のグループの中にあって、その役割を生徒の将来を見据えた基礎学力を身につけさせることにおいています。「一を聞いて、十を知る」生徒より、「一を聞いて、一を確かなものにする」生徒の育成をめざしています。そのため、生徒が避けて通りたがる、反復学習や読み・書き・考えることに重点をおいた学習を展開します。

関大一高では、三大検定(英検・漢検・数検)の受検を推進しています。

英検は、在学中に全員が2回受検します。
漢検は、受検希望者を対象に団体受検を実施します。
数検は、受検希望者を対象に団体受検を実施します。

「英検」への取り組み

現在、関大一高では英検の全員受検を行っています。その受検料を学校が負担するという他に例をみない公費受検方式で実施され、3年間に準2級(高校中級程度)以上を受検する機会を2回与えられます。たくさんの生徒が毎日の英語学習の成果を試すために英検にチャレンジしています。英検受検とその準備を通して、自らの英語学習の達成度を測り、そこから「自分に足りないものは何か」を知り、「聴く・話す・読む・書く」といった総合的な英語の力を伸ばしていくことを目的としています。英語を手段とした、人と人とのコミュニケーションの楽しさを感じてほしいと願っています。

「漢検」への取り組み

読み書きを支える重要な要素として語彙力があります。本校では語彙学習の一環として漢字検定を取り入れています。併設校である関大一中において、中1で4級、中2で3級、中3で準2級を全員受検していることもあり、高1では2級の受検を勧めています。漢字検定2級を高1で取得した次の段階として、身につけた語彙力を実際に運用する力を身につけるべく、高2以降は文章表現力の育成へとステップアップを図ります。

「数検」への取り組み

関大一高では、受検希望者を対象に実施しています。数学が得意な生徒はより上位の級をめざし、合格で自信をつけています。達成の基準が明確なので数学が苦手な生徒もチャレンジしています。生徒自身が前向きに取り組むことにより、数学的なものの考え方や論理的思考が身についてきます。

 

このページの先頭へ