KANSAI UNIVERSITY

教員の方へ

HOME > 教員の方へ > 教育支援ツール・サービス紹介

教育支援ツール・サービス紹介

教育開発センターでは、様々な教育支援ツールの開発・推進及び教育支援サービスの提供を行っています。授業で以下のツールやサービスを導入することにご関心のある教員の方、ご利用を希望される教員の方からの問い合わせをお待ちしております。

関大LMS

関大LMS(Learning Management System)は、予習・復習、課題レポート、各種テスト、授業に関する質問受付・回答などの授業を補完できるシステムです。

こんなことに困っていませんか?

  • 出席確認や教材配布に時間がかかる
  • 学生に意見を求めても出てこない
  • 学生の理解度の確認がとれない
  • アクティブ・ラーニングを授業へ導入する方法がわからない
  • レポートや成績の一元管理が面倒

関大LMSを活用した際に想定される運用法

関大LMSを活用した際に想定される運用方法

関大LMSの便利な機能

出席管理 手軽に出席が取れます。パスワードを設定すると、代返も防ぐことができます。スマホからのアクセスで、学生は簡単に出席手続きを完了できます。
資料公開 様々なメディアの資料をすぐUPできます。公開・⾮公開も簡単に設定できます。スマホからのアクセスで、学生はどこからでも資料閲覧が可能です。
テスト・レポート 様々な形式のテスト・レポートを簡単に作れます。期限設定などの多くの機能も搭載しています。類似レポート検索やレポート返却も可能です。
アンケート 様々な形式のアンケートを作成可能です。回答結果は⾃動集計され、すぐに結果を示せます。匿名・記名式もワンクリック設定できます。
協働学習(会議室) 掲示板、Wiki、チャットといった、協働学習に必要な機能があります。調べ学習の結果の共有や、グループ別掲⽰板を作ってグループ毎の活動⽀援などに活躍します。
メンバー管理・成績管理 複数人の教員やTA・SAが関わる講義のメンバー管理が簡単。成績の一元管理はもちろんのこと、成績コンテンツを使えば、エクセルを使うことなく調整も可能です。

関大LMSの使い方マニュアルは関大LMSマニュアルをご覧ください。

関大LMSマニュアル

関大LMSのクイック操作ガイドおよびQ&A集を以下よりダウンロードいただけます。

関大LMSは、予習・復習、課題レポート、各種テスト、授業に関する質問受付・回答などの授業を補完できる授業支援システムです。

「関大LMSあれこれ」発行内容

「関大LMSあれこれ」は、関大LMSの利用促進を目的として、本学のITセンター所員(教員)が執筆したリーフレット資料です。LMSを利用した資料配布、レポートの提出、出席管理、Q&A対応など、機能の紹介や困ったときの対応方法などについて盛り込んでいます。

関大LMSに関するお問い合わせ先:kulms@ml.kandai.jp
(関大LMSに関するお問い合わせはメールで受け付けております。上記メールアドレスへお問い合わせください。)

モバイルPCカート(タブレットPC)

教育開発支援センターでは、モバイルPCカートを貸し出しています。
※PCのみの貸出ではなく、原則としてPCカート1台ずつの貸出となります。

モバイルPCカートとは?

  • タブレットPC25台を収納したカートです。
  • カートには、プリンタ・スキャナ複合機を付属しています。

モバイルPCカート授業導入の利点

  • 普通教室にカートを運び入れることで、パソコン教室とほぼ同様に授業ができます。
  • KU-WiFiを利用し、ネット接続することができます。
  • グループや個人が授業中にパソコンを使って、課題に取り組むことができます。
  • 授業内に作成した学生の課題をその場でプリントアウト、またはプロジェクターに映し出すことができます。
  • 授業中に資料のダウンロードが可能となり、ペーパーレス化の実現ができます。

モバイルPCカートに関するお問い合わせ先:授業支援グループ(第2学舎1号館1階)
Tel:06-6368-1111(内線 3815)
Email:k-jyugyo@ml.kandai.jp

写真:モバイルPCカート
写真:モバイルPC
写真:プリンタ・スキャナ複合機

ライティングラボによる学生の文章作成サポート

ライティングラボの相談風景 ライティングラボは、学部生を対象としたライティング(文章作成)をサポートする施設です。 授業のレポートや論文をはじめ、さまざまな文章の相談ができます。大学院生の先輩チューターが、学生と会話しながら、親切・丁寧にアドバイスします。

ライティングラボは学生の自主的な利用に加えて、教員による「利用指示」に対応しております。レポート等の課題内容等を事前に共有頂くことで、利用指示を受け来室した学生に対し、各先生の希望に沿った指導・支援をします。また、ライティングラボの教員が授業等に訪問し、ライティングに関するレクチャーを行う出張講義も行っています。その他、「レポートの書き方ガイド」やeラーニングなどのライティングに関する教材を開発しています。詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

ライティングラボ

お問い合わせ先:教育開発支援センター事務局(第2学舎1号館1階) 
Tel:06-6368-1111(内線 3837)  Email:wlabo@ml.kandai.jp

ルーブリックの使い方ガイド

ルーブリックの使い方ガイド(教員用)の表紙 「ルーブリックの使い方ガイド(教員用/学生用)」とは、授業内におけるルーブリックの利用促進を目的として開発・発行したA5サイズの小冊子です。ルーブリックを導入する際の教員の評価負担・説明負担の軽減や、学生の評価活動への関与を促すことを目的としています。
教員用ガイドでは、ルーブリック活用の意義や種類、活用のタイミング、プレゼンテーションやレポートを評価するためのルーブリックの例を掲載しています。学生用ガイドでは、ルーブリックの概要をはじめ、巻末にルーブリック評価を体験できるワークを設けています。

「ルーブリックの使い方ガイド」は、APウェブサイト 刊行物 ›「ルーブリックの使い方ガイド」からダウンロードすることができます。

グループワークに役立つツール

nu board (ヌーボード)

ヌーボード リングノート形式やジャバラタイプの携帯性に優れたホワイドボードです。 教育開発支援センターではA3・A4サイズのリングノートや、A4サイズのジャバラタイプの製品を所有しています。
nu boardを使った授業に関する相談、貸し出しを希望される方は以下のお問い合わせ先にご連絡ください。

ライティングシート

ライティングシート 静電気で壁やガラスに張り付き、ホワイトボードのように使えるシートです。80cmごとにカットできます。ホワイトボード用マーカーによる繰り返しの書き消しや、貼ったり剥がしたりすることが可能です。
ライティングシートを使った授業に関する相談は以下のお問い合わせ先にご相談ください(教育開発支援センターでの貸し出しは行っておりません)。

グループワークに役立つツールに関するお問い合わせ先:
教育開発支援センター事務局(第2学舎1号館1階)
Tel:06-6368-1111(内線 3835) Email:ctl-staff@ml.kandai.jp

教育・学習支援に関する書籍・資料

教育開発支援センターの教員が執筆した書籍や資料を紹介しています。「書籍・資料」をご覧ください。

お問い合わせ先一覧