KANSAI UNIVERSITY

お知らせ

HOME > お知らせ > 12月7日開催 第17回日常的FD懇話会「BYOD環境で、授業がどう変わるのか?」のお知らせ

12月7日開催 第17回日常的FD懇話会「BYOD環境で、授業がどう変わるのか?」のお知らせ

2018年11月26日

教育開発支援センターでは、以下の通り、第17回日常的FD懇話会「BYOD環境で、授業がどう変わるのか?」を開催いたします。

教育の情報化の1つに、BYOD(Bring Your Own Device)環境が挙げられます。大学にBYOD環境が整備されると、今の授業はどう変わるのでしょうか。初等中等教育でパソコンやタブレットを1人1台活用した学習を経験した学習者を大学はどう受け入れれば良いでしょうか。教職員のみなさんと、BYODを活かした現場に即した授業づくりを話し合う機会となっています。ぜひお気軽にご参加ください。

教育開発支援センターでは、年2回の公的なFDフォーラムに加えて、先生方や職員のみなさんの日常的な実践活動の成果等について、できるだけ公開した懇話会を開催しています。
曜日・時間等不規則な形での運営となりますが、今後もお誘いのある毎によろしくご参集ください。

第17回日常的FD懇話会

【日時】
2018年12月7日(金) 10:40~12:10
(途中入退出自由)

【場所】
千里山キャンパス 第4学舎 1号館 1階 協同学習室

【テーマ】
BYOD環境で、授業がどう変わるのか?

【対象者】
本学教職員(非常勤講師含む)

【講師】
久保田 賢一(総合情報学部 教授)

【備考】
当日資料はWeb上で公開しますので、各自PCやタブレットをご持参ください。

【申込方法】
インフォメーションシステム内「申請・アンケート」から12月4日(火)までにお申込みください。
当日のご参加も可能です。

【参加費】
無料

【お問い合わせ】
教育開発支援センター事務局 土井・川瀬(内線3822)

1207第17回日常的FD懇会チラシ