KANSAI UNIVERSITY

ライティングラボとは

ライティングラボとは

理念

「書く力」は、大学での学びに必要な大切な力であるだけでなく、学生のみなさんが卒業したあとも、社会で活躍していくために必要な重要な力です。このような「書く力」の育成は、学部での専門教育のなかでおこなわれていますが、その教育を背後でサポートし、学生のみなさんひとりひとりに寄り添いながら、疑問や悩みに答えてくれる支援組織があれば、教育の効果は格段に高まるでしょう。海外では、多くの大学にライティングセンターがあり、効果をあげています。関西大学ライティングラボも、このような全学的なライティング支援組織として設立され、学生のみなさんの書く力の向上のために、次のような理念にしたがって、さまざまな支援活動をおこなっています。

  • ①添削によって答えを与えるのではなく、対話を通した対面型の個別指導をとおして、自分で問題を発見し、考え、解決する力を育成します。
  • ②学術的な文章作成の訓練をとおして、社会に出てからも使える「書く力」を総合的に養い、社会で活躍できる人材の育成に貢献します。
  • ③学部教育と密接に連携して、専門教育のさまざまな場面でライティングサポートをおこない、教育の効果を高めます。

概要

ライティングラボは、関西大学教育推進部・教育開発支援センター(CTL)に設置された組織「ライティング支援プロジェクト」によって運営されています。すべてのキャンパスにライティングラボの支援拠点があり、さまざまなライティング支援を実施しています。おもな支援内容は、次の通りです。

  • 各キャンパスのライティングラボで、訓練を受けたチューターが対面による個別相談をおこなっています。関西大学の学生であれば、だれでも相談を受けることができます。
  • だれでも参加できるライティングのセミナー「ワンポイント講座」を実施しています。
  • 授業に赴き、ライティングラボの利用方法やライティングの基本的な知識を解説する出張講座を実施しています。
  • そのほか、ライティングのガイドブックの発行など、ライティングにかかわる様々な支援をしています。

責任者

「ライティング」は身を助く!

教育推進部 部長
関西大学 副学長・経済学部 教授
良永 康平

「書いたもの」で人に情報を伝えることの重要性は、皆さんも実感していると思います。例えば試験やレポート、ゼミのレジュメ、卒業論文等に悩まされている人も多いでしょう。その場面で上手と下手の違いはどこにあるのでしょうか。
「ライティング」に関しては、天賦の才はないと言っても過言ではありません。上達の秘訣はひたすら努力あるのみで、最初から上手な人はいません。作家であれ、大学教授であれ、最初は皆下手で、指導を受けて訓練し、切磋琢磨するからこそ上手になるのです。
相手に伝えたいことをいかに要領よくまとめ、わかりやすく表現するか、「ライティングラボ」でアドバイスを受けつつ、実際に執筆の練習をしてください。「芸は身を助く」と言います。ライティングが上手な人、文章力のある人は学生時代だけではなく、その後の人生でもきっと大きく役立つことでしょう。

「書くことは大変で嫌だ!」という考え方を変えよう

教育推進部
教育開発支援センター長
関西大学 社会学部 教授
関口 理久子

大学に入学すると、あらゆる場面で「書くこと」を要求されます。例えば、授業では実習報告レポートや課題レポート、定期試験には論文(レポート)による試験があります。卒業論文や卒業レポートを課されるとその出来によって卒業時の成績が決まります。みなさんは、このような課題を課されるたびに「大変で嫌だな」と考えていませんか?もし、そのように考えて行き詰まってしまったら是非ライティングラボを訪ねてみてください。人は誰でも嫌だなと感じてしまうとその先に進めなくなるものです。しかし、どうすればよいかを少し教えてもらうだけで、どのようにすれば書けるのかがわかり始めます。そして、「そうか、こうすれば書けるのか」と気付いて続けていくことで、「書くことは楽しい!」という考え方に変化すると思います。

ライティングラボで〈書く力〉を身につけよう

ライティング支援プロジェクトリーダー
関西大学 文学部 教授
中澤 務

書くという行為は、われわれが生きていくうえで、きわめて大切なものです。さまざまな情報やじぶんの考えを的確にまとめ、相手にわかりやすく伝えるための文章力は、大学の学びに不可欠であるばかりでなく、われわれが社会生活をするうえで、もっとも重要な知的能力のひとつなのです。しかし、この書く力は、身につけるのが難しい力でもあります。学生のみなさんのなかには、なにをどう書いたらよいのか分からないとか、書いてはみたが、きちんとした文章なのだろうかと悩んでいるかたも多いのではないでしょうか。関西大学では、そんな学生のみなさんの悩みに答えるための施設として、ライティングラボを運営しています。対面式の個別指導によって、みなさんの具体的な悩みを解決し、みなさんの書く力を着実に向上させることができます。ぜひ、気軽に指導を受けて、その効果を実感してみてください。そこで培われた書く力は、みなさんの一生の宝物となることでしょう。

関西大学 教育推進部 教育開発支援センター
准教授 岩﨑 千晶

ライティングラボでは、皆さんがご自身の意見を他者にわかりやすく伝えられる、ライティング力を育んでもらうことを目指しています。相手にわかりやすく意見を伝えられると、レポートや卒論の執筆だけではなく、他者とのコミニュケーションをよりよくとることもできます。そうした力は、社会人になっても、研究者になっても皆さん自身の宝となることでしょう。しかしながら、この力は短期間で身に付くものではありません。4年間の歳月をかけて、皆さんがライティング力を向上させていく必要があります。そのためには、ライティングラボをたくさん活用してください。チューターとの対話が、皆さんが書かれたレポートをより良くするための方法を学ぶ機会になるはずです。

関西大学 教育推進部 教育開発支援センター
特別任命助教 多田 泰紘

ライティングラボは、皆さんのライティング学習をさまざまな方法でサポートしています。個別相談では、皆さんの先輩が文章作成の疑問点をじっくり聞き、アドバイスします。困っていることはもちろん、ひとりでは気付きにくいポイントやコツを発見できるでしょう。「ワンポイント講座」では、ラボのスタッフが文章作成のコツを授業外でレクチャーします。予約不要ですので気軽に参加してヒントを得てください。この他にも、皆さんの学びをサポートするさまざまな仕掛けを用意しています。レポート、卒論、プレゼン資料のことで困ったら、ライティングラボをぜひ利用してください。ライティングの力を上げたい!という皆さんのチャレンジを全力でバックアップします。

関西大学 教育開発支援センター
アカデミック・アドヴァイザー 寺島 紀衣

ライティングラボでは、レポート・授業の発表資料(レジュメ・スライド)・卒業論文など、学生生活にかかわる文章作成のサポートをしています。日々何気なく使っている「言葉」ですが、文章を書くとなると途端に使い方がわからなくなったりしていませんか?「こんなことを相談するのは恥ずかしい」「いまさらこんなこと聞けない」そんな遠慮や不安は無用です!得体が知れないままでいると不安は大きくなるばかりです。逆に、正体を知れば対処方法がわかり安心できます。個別相談も受け付けていますが、マンツーマンは緊張するなぁという方は、ラボのスタッフがお昼休み等に開催している「ワンポイント講座」へ友達と一緒に参加するという方法もあります。大学で学ぶ楽しさを、文章作成でも体験してみませんか?ライティングラボやワンポイント講座で、みなさんとお会いできることを楽しみにしています!