施設紹介

講義室 尚文館(大学院棟)

臨床心理専門職大学院の講義・演習等は、大学院専用施設である尚文館(地下1階、地上7階、延床面積約11,900平方メートル)を中心に行われます。尚文館には、講義室11室、演習室36室、パソコン教室3室のほか、高速回線で結んだ双方向授業可能なテレビ会議システムを有したマルチメディアAV大教室(200名収容)があります。

院生自習室

臨床心理専門職大学院専用の自習室を尚文館4階に設置しています。自習室1(39席、86平方メートル)、自習室2(23席、83平方メートル)の2室があり、24時間の利用が可能です。各座席には情報コンセントが設置されており、臨床心理関連の学習用図書も配架されています。自習室2にはミーティング用テーブルが置かれ、院生同士のコミュニケーション等を行うことができます。また、個人ロッカーを同じフロアに設置しています。

実習施設

学内臨床実習のための施設として、梅田カウンセリングルームと千里山カウンセリングルームからなる心理臨床センターが設置されています。心理臨床センターには、臨床心理士の資格を持った相談員が配置され、行動観察を行えるプレイルームや面接室、集団療法室等を備えています。

実習施設 千里山カウンセリングルーム  実習施設 梅田カウンセリングルーム