KANSAI UNIVERSITY
遺贈・相続財産によるご寄付

遺贈・相続財産によるご寄付

ご自身の遺産を社会に役立てたい。

関西大学は「遺贈によるご寄付」と、「相続財産のご寄付」の制度をご用意しております。 ご遺贈いただいた財産については、原則として相続税は非課税になります。

遺贈によるご寄付の流れ

1.関西大学に事前のご相談

遺贈によるご寄付をご相談いただいた方に、関西大学の提携銀行をご紹介いたします。

本学を経由せず、直接下記銀行へご相談いただくことも可能です。

(提携銀行:三井住友信託銀行、りそな銀行)

2.遺贈による寄付を含む遺言に関するご相談

銀行への事前のご相談は無料です。遺言書の作成・保管・遺言執行については各銀行の定める手数料・報酬が必要となります。

3.遺言書の作成・管理・保管

4.遺言の執行

銀行がご逝去の連絡を受け、遺言内容の執行業務を行います。

5.関西大学への寄付金として受入れ

本学への寄付金として大切に活用させていただきます。

相続財産によるご寄付の流れ

1.ご遺族様からのご相談・お申し出

2.関西大学にて故人様と本学とのご関係等についてお伺い

3.ご寄付に関する事前確認書類の送付

4.ご遺族様から書類の提出・ご寄付の受入れ

5.関西大学から文部科学省に「相続税非課税対象法人の証明書」発行申請を行い相続税の申告に必要な書類をご遺族様に送付

※ご逝去された翌日から10ヵ月以内に手続きを行う必要があります。
 また、文部科学省からの証明書発行には約2ヶ月を要します。

6.ご遺族様にて相続税の申告・納付