KANSAI UNIVERSITY

活動記録

HOME > 活動記録 > 【報告】第30回ランチョンセミナーを開催しました(11/29)

【報告】第30回ランチョンセミナーを開催しました(11/29)

2018年11月30日

教育開発支援センターでは、11月29日(木)に千里山キャンパスにおいて、第30回ランチョンセミナーを開催しました。今回は「ルーブリックの作り方~教育と学びに橋をかける~」をテーマとして実施しました(担当:教育推進部 特別任命助教 多田 泰紘)。

今回のランチョンセミナーでは、パフォーマンス評価とルーブリックの関係、ルーブリックの見方と作り方についてご紹介した後、シラバスを使って実際にルーブリック作成を体験いただきました。
参加された先生方から、「ルーブリックを実際に作るノウハウが分かった」「ルーブリックで学習者と教員が目標を共有できることに気付いた」という感想が寄せられ、大変有意義なセミナーとなりました。

次回は12月13日(木)に、「ルーブリックの使い方~評価と振り返りを次につなげる~」をテーマとして開催します。既成のルーブリックを用いてパフォーマンス課題を評価し、評価者による評価のブレや、どのレベルの評価を付ければ良いか迷うといったルーブリックの課題を体験いただきます。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第31回ランチョンセミナーのお知らせ(12/13開催)
http://www.kansai-u.ac.jp/ctl/news/311213.html


1129ランチョンセミナー全体_左からランチョンセミナーの様子

1129ランチョンセミナー多田先生と参加者講師と参加者の様子