KANSAI UNIVERSITY

共通教養科目概要

HOME > 共通教養科目概要

共通教養科目概要

関大生の学ぶ力と意欲を引き出す共通教養科目

写真:関大生の学ぶ力と意欲を引き出す関西大学では学生は各学部に所属し、4年間の教育の柱は、各学部における専門教育を中核としています。しかしその一方で、一人ひとりの学生は社会の中で「関西大学の学生」として認知されます。そこで、学部の枠を超えて関西大学の学生にふさわしい資質と姿勢を育むこともまた、大学の取り組むべき教育目標といえます。
共通教養科目では、学生自身が身近な事柄に学問知を発見し、大学の学問知に興味を抱くこと、学問の進め方を体得すること、将来を見据えて行動すること、関西大学で学ぶ意義に目を向けることなどに重点を置きます。

outline

履修対象のイメージ

社会で活躍するために必要な、広い視野と能力を在学中に一貫して育成します

写真:履修対象のイメージ共通教養科目を履修するのは、1年次生の時だけに限りません。大学教育の入り口において高校生から大学生への移行を支援する導入教育を行うのみでなく、在学期間を通して学部の教育を補完しながら分野横断的に学びを発展させる機会を提供することも、教育目的の一つとしています。さらに本カリキュラムは、大学から社会へとつながるキャリアデザインを入学時から自覚的に描くことを促し、修得した能力を自己実現のために有効に活用することができるように支援します。そのため、年次が進んで視野が広がった学生にこそ履修してほしい科目も用意していきます。同時に、関西大学としてのアイデンティティーを育むことで、生涯を通じて関わり続けていくコミュニティーとして、関西大学を認識するようになってもらうことも、この共通教養科目の教育目的としています。

model