KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  関西大学東西学術研究所研究叢刊  47
越境の映画史

堀 潤之 編著
菅原 慶乃 編著

判 型 四六判上製
ページ 274頁
定 価 本体 2,500円+税
ISBN 978-4-87354-580-6
分類コード C3074
刊行年月 2014年3月
 
時期的には初期映画の時代から1960年代半ばまで及び、地理的にはヨーロッパ(フランス、ドイツ、帝政ロシア)、アジア(日本、上海、香港、マレー半島)、そしてアメリカに関わる、東西の映画史における「越境」の6つのケース・スタディを通じて、ナショナルな枠組みを乗り越えた映画史を構想する。

目  次
はじめに                         (堀 潤之)
第1部 映画は越境する
 第1章 歌い、悲しみ、覚醒するカチューシャ
  ―トルストイ『復活』と中国語映画        (西村正男)
 第2章 越境するスターダム 
  ―帝政ロシアと日本におけるマックス・ランデ―の受容      (大傍正規)
 第3章 中国人を描くべきは誰か
  ―アメリカ対中映画貿易をめぐる表象の政治学    (菅原慶乃)
第2部 越境する映画人たち
 第4章 ナショナル・シネマの隙間に 
  ―1920年代のマレー半島における中国系移民の映画製作について  (韓燕麗)              
 第5章 西部への呼び声 
  ―ナチス時代のルイス・トレンカーの越境的活動をめぐって     (竹峰義和)
 第6章 「東洋」から遠く離れて
  ―クリス・マルケルによる中国・北朝鮮・日本         (堀 潤之)
おわりに                                 (菅原慶乃)
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。