KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  銀行家たちのロマン主義
-一九世紀フランスの文芸とホモ・エコノミクス-

柏木 治 著

判 型 四六判
ページ 292頁
定 価 本体 2,500円+税
ISBN 978-4-87354-703-9
分類コード C3098
刊行年月 2019年3月
 
フランス文芸において「銀行家」がその存在感を増すようになるのは19世紀にはいってからである。自由主義思想と古典派経済学の興隆、産業革命と資本主義経済の発達のなかで社会は「銀行家」の表象をどのように形成していったのか。ロマン主義時代における銀行家たちの現実に照準を合わせ、かれらの文化活動の実相に迫る。

目 次
 はじめに
 第一章 「成り上がり」の世紀と職業意識
 第二章 銀行家たちのパリ
 第三章 銀行家の躍進とジャン=フレデリック・ペレゴー
 第四章 個人主義の相克と自由主義経済
 第五章 反個人主義のイデオロギー
 第六章 メセナと芸術家意識
 第七章 銀行家たちの文化活動とロマン主義
 第八章 「金銭」への馴化
 第九章 〈むすび〉に代えて
 引用文献一覧
 あとがき
 索 引
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。